健康の最近のブログ記事

老眼回復トレーニングについて、「からだにいいこと」で紹介されていたので、シェアしたいと思います。

そもそも老眼は、水晶体(レンズの役割)が加齢で固くなったり、水晶体の厚みを調節する「毛様体筋」という筋肉が衰え、水晶体を膨らませたり、伸ばしたりしてピントを合わせる機能が衰えるために起こるものです。

でも、原因が筋力の衰えにあるということは、目の筋肉を鍛えるトレーニングをすれば、老眼も予防、改善できるということでもありますよね♪

ではさっそく、目の筋力を鍛える3つの老眼回復トレーニングを実践してみましょう。


<外目筋総合フィットネス>
親指を目から10㎝程度離れた位置に近づける。
距離を保ったまま、親指を左に動かし、それを目で追う。
今度は親指を右に動かし、目で追う。
上下、斜め下の左右、斜め上の左右も同様に行う。


<クロージング・オープンフィットネス>
目をギュッっと閉じ、10秒キープする。
目を開けたら、左の遠くを見た状態で10秒キープ。
再度、目をギュッと閉じ、10秒キープ。
目を開けたら、右の遠くを見た状態で10秒キープ。


<寄り目キープフィットネス>
親指を顔から30㎝話したところに立てる。
親指にピントを合わせたまま、顔から10㎝まで近づける。


このエクササイズ以外にも、「マジカルアイ」を利用したりするのもありです。

マジカルアイは二次元の画像なのに、3Dの立体画像が浮かび上がるというものです。

本もありますし、スマートフォンのアプリもあります。

ちなみに、スマートフォンアプリは無料。

でも、スマートフォンって画面見てるだけで目が疲れちゃうから、
個人的にはやっぱり本がいいかな~と思います。

マジカルアイは平行法と交差法の2種類の方法でやるのですが、
寄り目にして見る「交差法」のほうが老眼にはよいということです。


パソコンやってると肩がこりますよね。

特に首が前に出て猫背気味の人におすすめの肩こり解消ストレッチの方法を教えちゃいます。

この方法は、私がいつも通っているカイロプラクティックの先生が教えてくれた方法なんですよ。

先生曰く、肩こりにはとにかくストレッチがいいのだそうです。

パソコンやってると、型が内側に入って背中が丸まり、鎖骨のあたりの筋肉が緊張して収縮してしまいます。

(収縮することで、背中の筋肉がひっぱられてしまうんです。)

なので、胸の筋肉を伸ばしてやらなくてはいけないんですよね。

肩ばかりをもんでいるだけではダメっていうことらしいです。

さっそくストレッチをやってみましょう。

まず、両手を横に上げます。

(高さは肩よりやや低い位置でいいです。)

そして、手を後ろに引きながら手のひらを上に向けます。(手の平を後ろにひねり、腕の内側が天井をむくように)

さらに、その状態で肩甲骨どうしを寄せます。

その状態を数秒キープ。

このとき、呼吸は止めずに楽にしておいてくださいね。

パソコンの合間にちょこちょこやるといいですよ。

私もこの方法を教えてもらってから、ちょっと疲れたなって思ったらやるようにしています。

もちろん、これだけで完全にってわけにはいきませんけど、けっこういい感じにはなります。

それと、ストレッチとは関係ないけど、お灸の火をつかわないタイプのものを貼るのもかなりおすすめです。

せんねん灸の太陽っていうお灸ですが、そんなに熱くないしポカポカしてほぐれますよ♪

肩こりで猫背気味の人はストレッチやお灸を試してみてくださいね♪

 

 

ノロウイルスが流行っているみたいですね。

先日、小児科に行った時も流行ってるから手洗いうがいをしっかりして下さいって
看護師さんから言われました。

ノロウイルスの症状としては、感染して1日~2日で
嘔吐や下痢、腹痛、発熱などの症状がでます。

その症状から一般的には「嘔吐下痢」ってよく言われています。
(ちなみに、ロタウイルスも同じく嘔吐下痢って言われますね。)

高齢者や乳幼児は期間に嘔吐物を詰まらせることや
脱水症状が起きることがありますので、特に注意が必要です。

一度に水分をとると吐く可能性があるため、水分は少しずつとるようにしてください。
嘔吐下痢の時に飲む経口補水の作り方は以前の記事で紹介しています。↓
http://www.yuyuit211.com/2012/07/21/post-202/

感染力はかなり強く、人への接触で感染するのはもちろん、
ウイルスがついたドアノブ、便座、食品、床などに触れることでもうつります。

しかも、本人の症状が治まっても、1週間~1ヶ月くらいは
ウイルスが出ているため、周囲の人は注意しておかなければなりません。

うちの子がかかった時は、他の家族も全員うつってしまいました・・・。^^;
ノロウイルス、恐るべし・・・。

予防策は以下のようなものがあります。

  1. 石けんでの手洗い(2度洗い)
  2. 調理時は食品を85度以上で1分以上の加熱をし、中までしっかり火をとおす
  3. 調理器具の洗浄・殺菌(85度以上の根当で1分以上加熱、もしくは塩素系漂白剤10分以上消毒)

もし、家庭でノロウイルスに感染した人が出た場合は、感染拡大を防ぐため
次のような処置を行いましょう。

  1. 嘔吐物や便がついた便器、ドアノブ等は使い捨ての手袋やマスクなどをして、85度以上で1分以上の熱消毒、もしくは塩素系漂白剤(次亜鉛素酸ナトリウム)で消毒。
  2. 嘔吐物や便を拭くのに使用したティッシュ、おむつは塩素系漂白剤を入れたビニールに入れ、密封して捨てる。
  3. 処理中と処理後は換気する。
  4. 嘔吐物や便のついたシーツや衣類は下洗いをしてから85度以上で1分以上熱消毒、または塩素系漂白剤で消毒。
  5. 4が無理な場合(例えばカーペットなど)はしっかり乾燥させた後に、スチームアイロンを2分以上あてる。

ノロウイルスはアルコール消毒しても効果がないため、
嘔吐物や便がついた床や衣類、トイレを消毒する場合
次に紹介する消毒液を作って使用すると効果的です。

◆嘔吐物や便がついた床や衣類、トイレを消毒する場合の消毒液の作り方

<用意するもの>
500mlのペットボトル、家庭用塩素系漂白剤、水

<作り方>
500mlのペットボトルに半分くらい水を入れておき、さらに
家庭用塩素系漂白剤をペットボトルのキャップ2杯分を加える。
その後500mlになるように水を加えて出来上がり。

※感染者の触ったものを消毒する場合は、2リットルのペットボトルに
キャップ2杯分と水を合わせて作る。


ノロウイルスは感染すると本当に大変です!

特に小さい子どもはのどがかわいているのに、一度に水分を取らせられないので、本当にかわいそう。

感染しないように、また、感染しても他の人にうつらないように気をつけたいものです。

水イボの治療方法のお話です。

今日は皮膚科でなかなかおもしろいお話を聞いていたので書きますね♪

次男を連れて皮膚科にいってきました。

湿疹がひどくかきむしるので行ったのですが、
ついでに、水イボもできていたので、その件について効きました。

その皮膚科の先生はちょっとおネエ系なので、
お話聞いてるとすごく楽しいのですが、先生曰く

「水イボは、病院によっては絶対にとらないところもあるんだけど、
ある病院の統計によると6.5カ月くらいで自然に治る、って言ってるところもあるんだよね~。」

とのこと。

私:「じゃあ、放っておいて治りますか?」

先生:「治らない人は治らない場合もあるし、広がってひどくなることもあるの。
塗り薬もたいして効かないし。だから治療としてはやっぱりピンセットでとるのが適切ではあると思うんだけど・・・。」

私:「じゃあ、とったほうがいいですか?」

先生:「とってもいいんだけど、まだ小さいしね。」

先生によれば、水イボの治療方法としては、麻酔テープを水イボのあるところに貼り、ピンセットで水イボをつまんで取り除くのが一般的な治療方法らしいです。

ただ、病院によってはとるのを嫌がるところもあるのだとか。

先生曰く、

「皮膚科って零細な病院が多いから、看護師さんが1人のところとかは
水イボとってたら時間かかって仕事にならないし、
お金にもならないし、嫌がるところもあるの。

うちは看護師さん7人いるから、よく患者さんを回されるんだけど・・・。
とろうと思えば、とれるよ~。」

ふと、顔をあげると、先生の向こう側に、看護師さんがズラっと並んで
息子にむかって手をふっている。

(午前中、最後くらいで患者が少ないため暇なようだ)

先生はちょっとおネエ系でとってもやさしい方なので、
ぜんぜん嫌みがないし、
聞いてるだけで笑いがでてきます。(>▼<)たのし~

結局、水イボをとるのはしばらく様子を見てからにすることにしました。

まだプールに入るような年齢でもないし、上の子はいつの間にか治ったので
次男もそのうち治ることに期待しよう。

マイコプラズマ肺炎についてテレビでやっていたのですが、
なんと去年の同時期に比べて2倍弱くらいの勢いで患者が増えてるそうです。

マイコプラズマ肺炎ていえば、去年流行った気がするなぁって
のんきに見ていたら、今年はまた様子が違うみたい?!

その原因が菌の突然変異によって今まで効いていた抗生剤がきかなくない
種類のものがでてきたから、感染者数が増えてるらしいんです。

いまのところ他に特効薬の開発もされていないので、打つ手がないのだとか。

新種って怖い・・・。(><)

マイコプラズマ肺炎は悪化すると肺炎や脳炎になるそうなので、
早期発見&早期治療が大事なのですが、治療法がないのではどうにもならないですね。

マイコプラズマ肺炎に感染する人の多くは14歳以下なのだそうです。

マイコプラズマ肺炎は咳などから飛沫感染してしまうので、
もしも学校などで新型のマイコプラtズマ肺炎が流行ったりしたら
想像するだに恐ろしい・・・。

しかも今の時期って季節の変わり目でただでさえ体調をくずしやすいのに。

冬じゃないからマスクもしませんしね・・・。

感染者はこれからさらに増えそうな感じです。

体力のない小さい子どもや高齢者の方はかかると危険なこともあるので
一緒に住んでいる家族も含めて、
マスク着用や手洗いうがい、体調管理などにつとめ、感染を防ぎたいところです。

早く新型のマイコプラズマ肺炎の菌に効く特効薬が開発されるとよいですね!

夜使った食器を「今日はきついから明日洗おう」と思って一晩水につけておく人も多いのでは?

テレビで見てゾッとしたのですが、一晩つけておくと、
排水溝並みに細菌の数が増えるのだそうです!!(><)

実験では排水溝から採取した水を培養したものと、
一晩食器をひたした水を採取したものを培養していました。

すると、排水溝のほうは1mlあたりに細菌が170万個だったのに対し、
食器をひたしていた水はなんと220万個になっていたんです!

怖すぎる・・・!

この細菌は洗剤できれいに洗って乾燥させてもかなり残るそうで、
唯一の方法としては、80度以上のお湯で30分以上煮沸消毒すること。

でも、現実問題として、30分以上煮沸消毒なんて大変ですよね・・・。

だから使ったらすぐに洗うっていうのが一番いいのだそうです。

それにしても、食洗器ってどうなんだろう??

うちは夜まとめて食洗器で洗うんですけど、一晩つけておかないにしても
やっぱり細菌が繁殖してますよね・・・。^^;

かといって、毎回手洗いするなら何のためにあるのやら。

食中毒にならなければまあいいかな・・・。

細菌が増殖するのは暑い夏場がメインかと思いきや、
冬などでも暖房器具を使ったりするので、関係ないんだそうですよ。

できるだけ、使った食器はその日のうちに洗いましょうね。

食物アレルギーの子どもが増えていますが、
その治療方法として「経口免疫療法」という治療があります。

経口免疫療法とは、アレルギーの原因となっている食物を
少量ずつ食べて体に慣れさせていき、最終的には目標量まで
増やしていくという治療法です。

食物アレルギーがあると、学校の給食で食べられないものがあったり、
うかつに外食もすることができませんから、
できるだけ早くアレルギー食品も食べられるようになりたいと思うのは当然です。

今までアレルギの原因物質に体が耐えられるようになるのを
待つしかなかったのに対して、この治療法は積極的であり、
早期に治したいと思う人にとっては救いともなるでしょう。

しかし、この治療法は完全に確立されているわけではなく、
リスクも伴います。

この経口免疫療法を入院して行うことで、食べられるようになった人もいますが、
一度食べられるよういになっても、しばらく食べてない時や、
体調不良時、運動時に症状がでるということもあるそうです。

実際に治療を受けた子どものお母さんの言葉が読売新聞にのっていましが、
「簡単ではなく、ストレスも大きい」と書かれていました。

経口免疫療法は現在研究中の段階で、
入院により治療を受けた人では、アトピーの悪化などの他、
ショックなど重度の副作用が出た人もいるそうです。

重度の副作用がでるとなると、親としては治療をうけるかどうか
難しいところです。

もし、受ける場合はリスクもあるということを知り、
その上で実績がある医療機関を慎重に選ぶ必要があると思います。

男女の産み分けのためにタイへ渡航した日本人夫婦は、
今年少なくとも90組いたということが読売新聞にのっていました。

日本では着床前診断によって男女の産み分けをすることは
認められていません。

しかし、タイでは医師会が男女の産み分けについて認めていないものの
規制が緩いため実際には行われていいます。

着床前診断による産み分けは、体外受精を行い、
受精卵の染色体を調べ、子宮にもどすという方法。

2010年にタイで行われた着床前診断208件のうち、
8割で産み分けが行われているのだとか。

そして、ここ数年、数は増えていて、そのほとんどが外国人です。

インターネットで仲介業者が募集していて、
費用は渡航費も含め150万円くらい。

問い合わせも多くて、ある業者によれば、
今年末までに200組を超えるだろうとのこと。

男女の産み分けについては、日本で行われているのは
食事とかphの調整とかあるみたいですけど、
確実性はないですよね。

私の知り合いも病院の指導で産み分けを行っていましたが、
大変なわりになかなか成功しなかったみたいです。

結局4人目で念願の男の子でしたが。

不思議ですよね。
女の子ばかり生まれる夫婦もあれば、男の子ばかり生まれる夫婦も。

ちなみに日本人はその9割以上が女の子を望んでいて、
そういう人たちのほとんどが男の子がすでにいる夫婦だそうです。

うちも男ばかりなので、女の子がほしい気持ちはわかるな・・・。

私も二人目について病院で性別を知らされた時には、
来院のたびにしついこいほど見てもらって、
「9割間違いないです。」と言われた日には「もう一人、生もうかな」って
次男を生む前から考えちゃいましたから。^^;

次が絶対女の子が生まれるという保証があれば、もう一人生むかも・・・。

さて、そうはいっても、着床前診断による男女の産み分けは
「命の選別」と言えますよね。

親のエゴだという批判が強いのですが、確かに医療技術が進歩しているとはいえ
ここまでやってしまっていいのか?と言われると、
やはり踏み込んではいけない領域のように思います。

ただ、新聞では、女の子がほしかったのに生まれず、
うつになってしまった女性がタイで産み分けを行ったという記事があり、
そこまで思いつめる人もいるんだな、とちょっと驚きました。

人によって様々ですね・・・。

タイへ行けば確実な産み分けができるということを知れば
行きたくもなるのかもしれません。

私には女の子が4人いる人がいるのですが、彼女は、
「男女のどちらが生まれても、その家庭に何か意味があって生まれてるんだよ。」
と言っていました。

産婦人科の先生は「4人産めばたいてい一人は違う性別の子が生まれる」って
言っていましたが、そこは4人とも女の子。

やはり、どの家庭でも、その性別の子どもが必要で、
意味があって生まれているんじゃないかな?っていう気がします。

体は温めがほうがいいということをよく聞きますが、
妊娠力をあげるためには温めすぎはNGなのだということが
「Body+」にのっていました。

最近は低体温の人が増えていて、妊娠しにくい体質の人も多くなっていますが、
だからといってお腹を温めようとしてカイロを貼ったりするのはダメなんですって。

というのも、卵が成長するために最適な温度は37度くらいで、
カイロだと40度以上に温度が上昇するから上がりすぎてしまからなんです。

うーん、私は冬場とかカイロ貼りまくってましたけど。^^;

あと、しょうがなど体を温める食べ物は、急に体温が上がる代わりに
その後、急に下がるそうなので、注意が必要です。

じゃあ、体を温める必要がないのか?っていう気になりますが、
もちろん、温めることは必要。

ほどよく体温を維持すること、つまり「保温」することが大事なんだそうです。

保温するために使いたいのが「腹巻」です。

特に基礎体温の高温期にあたる時期に腹巻を巻くことで血流がよくなり
妊娠力がアップします。

基礎体温で低温期(卵胞期)と高温期(黄体期)の差が少ない人は、
高温期(黄体期)に腹巻と靴下で温めるのが効果的なのだそうです。

前に子宮と卵巣の衰えについて記事を書いた時にも
足首を温めるのが良いということを書いてあるので、こちらも参考にどうぞ。↓
http://www.yuyuit211.com/2012/07/13/post-190/

腹巻も最近は薄手でおしゃれなものがたくさんあって、
私も持ってますけど、しゃがんだ時に腰のところから見えても
全然腹巻とはわからないので大丈夫です♪

冬場が冷えるのはもちろんですが、夏場も冷たいものを飲み過ぎたり、
エアコンで体が冷えてしまったりするので、気をつけましょうね。

喫煙者にぜひ知っていただきたい、
タバコの受動喫煙の深刻な影響についての話です。

煙によって吸ってない人の健康まで害すのは知っていましたが、
実はタバコは煙が消えた後でも周囲に害を与えるということを
最近知って、ゾッとしてしまいました。

タバコの煙にはニコチンやホルムアルデヒド、ダイオキシンなどが
含まれていて、受動喫煙(本人がタバコを吸わなくても、周りにいる喫煙者の
煙を吸ってしまうこと)によって周囲の人も、呼吸器系の病気などにかかります。

以前、テレビで本人は吸わないのに、会社が禁煙オフィスでなかったため
病気になり、酸素ボンベをつけて生活しなければならなくなった人を見たことがあります。

そして、妊婦の方や子どもへの影響はさらに深刻に捉えるべきもので、
早産、低体重、突然死、低身長、ぜんそく、髄膜炎、小児がんなどの原因となります。

知らなかったのですが、タバコの煙は知能低下を引き起こしたり、
発達障害であるADHD(注意欠陥多動性障害)の
原因にもなり得るのだそうですよ。

たまに、子どもの前でタバコを吸う夫婦を見かけますが、もう絶対にやめたほうがいいです!

また、非喫煙者から離れて吸えばいいだろう?という考えも甘いです。

タバコの煙が消えても有害物質は喫煙者の服やカーテン、天井などに残り、
喫煙者の息からも吐き出されてるんですって...!

消臭スプレーで臭いはどうにかなったとしても、
有害物質までは除去できませんからね...。

我が家は喫煙者はいませんけど、旦那が会社でタバコの煙を浴びるため、
服とか車の中とか臭いんですよね。

洗濯別にしようかな...。

お子さんがいて、喫煙されてる方は、子どものためにも早期に禁煙したほうがいいと思います。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち健康カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはその他です。

次のカテゴリは美容です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。