美容の最近のブログ記事

オーガニックコスメ「ネオナチュラル」のクレンジングを買って使ってみた感想(口コミ)です。

CIMG0052.JPG

最近はオーガニックコスメに化粧品を切替えているんですが、クレンジングどうしような~って迷ってたんですよね。^^;

で、ネットをいろいろ見てたら、国産で評判もよいネオナチュラルさんのクレンジングに行きついたので買ってみることに。

オイルタイプのクレンジングはベトつくからなんとなく避けていたのですが、これはそんなことないっていう口コミだったし。

注文して2日くらいで届きました。

ドラッグストアの安いクレンジングだと1000円切るお値段なのに対し、こちらは2,992円。

今まで、クレンジングといえば、アスカのクレンジングがお安い時に買っていたので、それに比べるとこちらが高くつきます。
(というか、アスカって定価があってないような感じ。^^;)

170mlってどれくらいかな?と思ったけど、意外とたっぷり量があります。

オーガニックコスメでこの量で、このお値段ならお得なほうかもしれない。

さて、その晩、さっそく使ってみました。

思った以上にサラサラとしたオイル。

香りもナチュラルないい香り♪

顔にのせてメイクになじませても、ベトっとした重さは全くありません。

なかなか良い使用感です。

そのうえ、しっかりメイクも落ちる。

全部天然成分なのに、こんなに使用感とメイク落ちが両立してるのはスゴイと思います。


ちなみに全成分はこんな感じ↓

スクワラン、ローズヒップ油、ホホバ油、チャ実油、コメヌカ油、水、ゲットウ(月桃)葉油、ヘチマ葉エキス、ローズ油、ローズマリーエキス、ニュウコウジュ(フランキンセンス)油、オレンジ油、イタリアイトスギ(サイプレス)油、ソウハクヒエキス(桑白皮)、カッコンエキス、アロエベラエキス、水添(大豆)レシチン、トコフェロール(ビタミンE)、レモンエキス、クロレラエキス

乳化は水添レシチン使ってるんですね。

普通、オイルクレンジングは手についたら水洗いしてもベトベトのままだけど、ネオナチュラルのクレンジングは水で洗うと落ちます。

もちろん、完全に落とすなら石鹸洗いが必要でしょうけど、ほぼ落ちてる感覚♪

だから、クレンジングの後に水道ひねったり、洗顔石鹸をとったりするのも、汚れないのですごく良いですね。

もちろん、顔もお湯で軽く流して、洗顔石鹸使えば、汚れはきれいに落ちます。

洗い上がりもひどくつっぱたりしないです。

お肌にやさしいオーガニックのクレンジングを探している人にはおすすめですね~♪

バナナから化粧品ができるなんて考えたこともなかったんですが、
「ドール」(バナナなどの果物でよく見かけるでしょ?)から
1月にバナナの成分を使った化粧品が販売されたそうです。

バナナって体にすごくいいっていうイメージはあるんですけど、
まさか化粧品になるなんて・・・。

バナナが化粧品になるなら、バナナパックとかも意外とよかったりするんでしょうか?

このドールから発売された化粧品は「バナナチュラ」って
いうらしいんですが、バナナに含まれる保湿成分を主成分としているみたいで、
他にもヨーグルトやこんにゃくなどが使用されています。

化粧水の成分を見てみると、こんな感じ。↓

水、グリセリン、BG、ベタイン、バナナ果実エキス、コプチスチネンシス根茎エキス、グリチルリチン酸2K、マンナン、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン、バニリン

けっこう、シンプルな内容ですよね。


美容成分としてはバナナ果実エキスとコプチスチネンシス根茎エキス、マンナンがメインであとは保湿系と保存料ですかね~。

グリチルリチンサンジカリウムも入っているので、
肌を整える効果もありそうです。

ヨーグルトの成分は乳液のほうには入ってるみたいです。
乳液の成分↓

水、グリセリン、オリーブ油、BG、ベタイン、バナナ果実エキス、ヨーグルト液(牛乳)、コプチスチネンシス根茎エキス、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、パルミチン酸セチル、キサンタンガム、ジメチコン、ポリソルベート60、ステアレス‐20、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロビルパラベン、バニリン

このバナナチュラ、日本人をターゲットに作られていて、
日本だけの限定発売なんですって。

ちなみに、お値段は200mlで化粧水が3,885円、乳液が4,095円。

トライアルセットは1,575円であるみたいです。

興味のある人は試してみては?


年末で毎日バタバタと過ぎていき、夜もヘタすると子どもを寝かしつけてて、 気づけばそのまま寝ちゃうことも。

最近、お肌がかなりダメージ受けてる感じがしたので、
久しぶりに炭酸パックを手作りしてみることにしました。

グリセリンがなかったので、グリセリンなしで作ることに。

材料は、以下のとおり。

けっこう適当です。^^;

炭酸水素ナトリウム(重層)大さじ1
クエン酸 小さじ1
キサンタンガム 小さじ1/10
ビタミンc誘導体の粉末 小さじ1/10

(ビタミンc誘導体はトゥヴェールさんのを使ってます。)

冬になったからか、私の顔の皮が厚くなったからか、
以前やっていたほど、顔が温かく感じない・・・。

ピリピリ感もあまりない?

分量間違ったかな?と思いつつ、パックをして待つこと15分~20分。
(これも適当)

炭酸パックを落としてみると、なんだかものすごくお肌がツルツル?!

何か塗ったんじゃない?っていうくらい手触りツルツルになったので、
炭酸パックってこんなにすごかったっけ?
と改めてびっくりしてしまいました。

それから、もうひとつうれしかったのが、
鼻の角栓までとれたこと。

さすがに黒ずみはガンコなのでなかなかとれませんけどね。

炭酸パックってそれなりに時間がかかるので、
頻繁にはできなくて、最近はもう忘れ去られていましたが、
今回改めてすごさを実感したので、また再開しようかなって思いました♪

年末の忙しさで疲れがたまっている人は、一度試してみてください。
お肌が元気になりますよ。

化粧品って価格はピンからキリまでありますよね。

ドラッグストアだと1000円弱くらいからあるし、
ブランドによっては数万円という化粧品も。

先日、友だちと話していて、彼女の娘さんが紫外線アレルギーで、皮膚科に行った話を聞きました。

日焼け止めをつけるよう言われそうなのですが、その時に、
「なんでもかんでもつけないようにね。安いものには色々入ってるから。
お母さんもですよ。安いものには安い訳があり、高いものにも高い訳があります。」

って言われたのだとか。

確かに、安いものは石油系の成分を使っていたり、保存料もいろいろ入っていたりします。

それに、化粧品というのは材料にランクがあって、ピンからキリまであります。

原料の精製度が違うとか、粒子が細かいとか粗いとか、
安定性が高いとか低いとか、ランクによっていろいろあるんです。

あと、合成のものは簡単に作れたりしますが、
天然のものは時間とコストがかかる傾向にありますよね。

例えば、保湿成分のセラミドは人工的に作られたものより、
天然のもののほうが抽出から製品化までに手間がかかり、
そのぶんお値段も高かったりします。

高いものには高い理由があり、安いものには安い理由がある。

それはこういうことなんです。

まあ、有名ブランドの高い化粧品はネームバリューで高くなってたり、
開発費が上乗せされてたりもしますけど・・・。

価格は化粧水なら2千円以上、美容液なら3千円以上くらいを目安にしましょう。

あまり安い化粧品は効果もあまり期待できないと思っておいたほうがよいです。

また、お肌が弱い人は安くてお得!と思って化粧品を選ぶと
肌トラブルの原因になりますから、必ずどんな成分が入っているか
チェックしてから購入しましょうね。

お尻が横広がりの扁平尻で悩んでいる方のためのエクササイズを紹介します。

年齢的なものもありますけど、出産を経験された方は特に
骨盤が開き気味で、それが扁平尻の原因になっていることも。

骨盤が開いていると筋肉も引っ張られて、
横広がりなお尻になってしまうそうです・・・。

今回紹介するエクササイズはお尻の筋肉をひきしめるエクササイズと
骨盤をひきしめるエクササイズ。

この二つを合わせて行うと、扁平尻も引き締まった小尻に・・・。

さっそく、やり方です。

<お尻の筋肉をひきしめるエクササイズ>

まず、横向きにして寝て、左ひじを床につけて上半身を起こします。

右ひざを90度に曲げ、お腹のほうに引き寄せながら、
床から上に持ちあげます。

ひざを90度に曲げ、脚を床から上にあげた状態で、
右脚を後ろに向かって円を描くように5回大きく回します。

外回しが終わったら、内回しをします。

これを左右5回ずつ行います。

次に骨盤を閉める運動に移ります。


<骨盤をひきしめる運動>

椅子に座り、背筋を伸ばします。
かかとは左右をくっつけておきます。

両腕をクロスさせ、右手は左ひざの内側、左手は右ひざの内側に当てます。

それぞれの手はひざを開くように外側にプッシュし、
ひざは開かないように(手の力に抵抗するように)内側に力を入れます。

その状態で5秒キープします。

これを5回行いましょう。


最初の脚を回す運動のほうは私もやったんですけど、
股関節が最近硬くなってるせいか、最初ちょっとつりそうになりました。(涙)

人によって左右でやりにくいほうがあると思うんですけど、
ずっとやっているとスムーズに動くようになってきます。

骨盤をひきしめる運動のほうも効果があるので、
これらをセットで毎日行ってみてください。

扁平尻にきっと変化が起こるはず?!

唾液には成長ホルモンの一種である「パロチン」が含まれています。

唾液に成長ホルモンなんて、ご存じでした?

私も最近知ったんですけど、それ以来、次男(赤ちゃん)がダラダラよだれを
流しながら私の方へ嬉々としてハイハイしてくるのを見ると
成長してるんだね~なんて思ってしまいます。(笑)

成長ホルモンといえば若返りですよね♪

ということは、唾液をどんどん出せばアンチエイジングになるということ?

年齢とともにパロチンの量は減少るそうなのですが、
出さないより出したほうがいいに決まっています!

唾液には消化の他に、口内の洗浄や殺菌作用もあるため、
歯周病や口臭予防にも役立ちます。

さて、唾液をだしためにはどうすればいいか?ですが、
それは、とにかく噛むこと!

ガムを噛むのは簡単なのでおすすめです。

以前、紹介しましたが、ガムを噛むと抗重力筋に緊張をあたえて見た目を
しゃきっとしてくれる「セロトニン」が分泌されます。↓

http://www.yuyuit211.com/2012/05/11/post-89/

ガムを噛むだけで、
パロチン(成長ホルモン)によるアンチエイジング、
口内のアンチエイジング、
セロトニンによるアンチエイジング、
こんなうれしい効果が期待できるんですよ♪

唾液の分泌に関しては、酸っぱいものを食べるのも効果的です。

また、ローヤルゼリーにはパロチンと似た物質が入っているそうですよ。

肌をこするとお肌を傷めるからよくないということとは知っているけれど、
単に肌が摩擦刺激で荒れるというだけでなく、シミやくすみの原因にもなるということを知っていましたか?

お肌は刺激を受けると、メラニン色素を作って守ろうとするので、
シミが増えてしまうのだそうです。

例えば、洗顔の時や化粧水をつける時にゴシゴシこすったり、
流行りのフェイスローラーでやたらと刺激を加えたり。

フェイスローラーってお肌にいいはずなんですけど、やりすぎるとNGってことですよね。
意外に知らない落とし穴?
私もやってました。(汗)

さらに、そういったスキンケアの時の刺激だけでなく、
頬づえをついたり、顔をさわったりするだけでも、シミができちゃうんだそうですよ。

でも、気付いたら、頬づえをついてたとか顔をさわってたってことは
けっこうあると思うんですよね。

たったそれだけでもシミになっちゃうなんてやっかいです・・・。

洗顔や化粧水をつける時などにこすらないのは肌によくないので
意識的に注意することはできますけど、
無意識で顔をさわったりするのはやめるのがなかなか難しいです。

なので、日頃から美白アイテムをつかってスキンケアを行うようにすることが大切。

美白は夏場だけとか、日に焼けた時だけ、なんていってると
気付いたらシミが!ってことにもなりかねません。

美白化粧水や美白美容液など毎日のスキンケアに取り入れましょう。

ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸などの入ったものがおすすめです。

夏場は日差しが強いですが、紫外線対策は午後が肝心だと思っている人は要注意です。

当然のことながら紫外線は朝からも降り注いでいるわけですが、
朝って「そんなに日焼けしないだろう」って意外と油断しがちですよね。

今の時期、朝の10時の紫外線量と14時の紫外線量だったら10時のほうが紫外線の量が多いのだそうです。

しかも、朝8時くらいから紫外線量が増えてくるので、ちょうど通勤時間だったり洗濯物を干す時間だったりしますよね。

朝でも紫外線は降り注いているってことを肝に銘じて、対策しておきましょう。

ところで、日焼け止めってSPFとかPAとかの値がのっていますが、
それってなんと肌1c㎡あたりに2mg塗った時の測定値だそうで、
実際にここまで分厚く塗ることは難しいのだそうです。

なんだか騙されたような気がしますよね・・・。
だって、SPFが高いのを塗れば大丈夫って安心していたのに、
実際にはそれだけの効果が得られないなんて。

まあ、そんなことを言っていても仕方ないのですが・・・。

とにかく大事なのはこまめに塗り直すこと。
汗などで落ちちゃったら意味ないですからね。

ちなみに日焼け止めはSPFが高いほど肌への負担が大きいので、
日常生活ではSPFが30程度あれば十分。

海などに行く時だけ、強いものを使うようにしないと、
毎日強いのを使っていたらお肌がダメージうけちゃいますよ。

私も外出しない日はノーメイクってこともあるんですけど、
日焼け止めだけはつけるように気をつけています。

ちょっとだからと思って無防備になっていると、そのツケが後できますからね。^^;

日焼けは肌の老化への直行便ですから、
紫外線対策&美白ケアは怠らないように気をつけましょうね。

紫外線が強い季節がやってきましたが、紫外線対策はきちんとしてますか?
今は梅雨で天気が悪いことが多いですが、曇りの時も紫外線は降り注いでるので注意ですよ。

さて、ついつい紫外線対策を怠ったために日焼けしてしまった・・・
そんな経験がある人も多いと思うのですが、シミをつくらないために日焼けした日から3日間
集中的にケアすることでシミができるのを防ぐことができるそうです。

オレンジページのムック本「からだの本」にのっていたのですが、
メラニン生成に関わるチロシナーゼという酵素は、紫外線を浴びた日から数えて3日目以降に増加するんですって。

だから、日焼けしたらその日から2日間で美白化粧品や美白シートパックなどをしてケアし、
3日目以降に古い角質を除去するピーリングや酵素洗顔などをし、
さらに3日間は睡眠をしっかりとるといいそうです。

日焼けしたら3日間で肌をリセットできるなんて知らなかったです。

美白成分といえば、代表的なものとしてビタミンCがありますが、
イオン導入美顔器などを使うのもいいかもですね。

ただ、イオン導入も電気刺激なのでお肌の弱い人が日焼けした肌に
使うのは注意が必要かも?

そういう場合はビタミンC誘導体のほうがいいかもしれませんね。

ビタミンC誘導体なら塗るだけでイオン導入しなくても浸透しますから。

ただ、ビタミンCはお肌を乾燥させてしまうので、
保湿化粧品でしっかり保湿することもお忘れなく。

他にもチロシナーゼの働きをおさえる効果のあるアルブチンもおすすめ。

睡眠は健康にはもちろん、美肌作りにも重要です。

肌の修復や再生を促す成長ホルモンがしっかり分泌されるよう
最低でも12時から朝6時までは睡眠をとるように心がけましょうね。

自作の炭酸パックや炭酸洗顔など炭酸美容ライフを満喫する今日この頃。

お肌の調子も上々なのでやっぱり炭酸って肌によいかもです。

朝は炭酸水で洗顔。
(炭酸水素ナトリウムとクエン酸を小さじ1または小さじ2ずつ、
洗面器に入れ、適当に水をいれる。それでジャブジャブ洗う。)

炭酸水洗顔は洗顔料を炭酸水で泡立てるという方法もありますが、
私は上記の方法のほうが炭酸のシュワシュワ感が味わえる?ので・・・。

準備が多少面倒だけど、わざわざ市販の炭酸水を以前は買っていたのを考えるとなんて経済的!

それから夜は自作炭酸パック。

まだ、手持ちのジェル化粧品が残っているので、それに炭酸水素ナトリウムと
クエン酸を混ぜてますが、そろそろ無くなりそうなので、キサンタンガム買わなくては・・・。

そうそう!

この前、自作炭酸パックですごく痛い思いしたので、注意点を書いておきますね。

前回作った時は、炭酸水素ナトリウムやクエン酸の量に対し、ジェルの量を少なくしすぎたため、炭酸が強すぎて、顔がどうにかなってるんじゃないか?!ってくらい痛かったんです!

自作のためジェルっていうより泡になっちゃってて、垂れてくるんで、
まぶたがヒリヒリして目があけられない・・・。

それはそれは刺激的でした!

なので、炭酸パックを手作りする時は炭酸水素ナトリウムやクエン酸の入れすぎ注意です。

特に肌が弱い人は慎重に作りましょうね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち美容カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは健康です。

次のカテゴリは育児です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。