子育ての最近のブログ記事

いじめをする子どもは「いじめられる側にも原因がある」とよく言います。

「場合によってはいじめられる側も悪い」という子どもの意見が実に8割もあるのだそうです。

いじめをする子どもがよく主張する3つの言い訳について、
読売新聞に、平尾潔弁護士(2011年度、第二東京弁護士会子どもの権利に関する委員会委員長)の興味深い記事がありました。

いじめを正当化させないためにも、ぜひたくさんの方に知っていただきたいと思います。
(部分的にまとめて書いています。)

いじめる子どもの3つの典型的な主張には以下のものがあるそうです。

①いじめられる側にも原因がある
②そこまで傷つけるつもりはなかった
③自分は直接いじめていないので関係ない

①について

子どもからすると、人の悪口を言ったり、意地悪をした場合は
「いじめられる側も悪い」ということになるらしいのですが、
悪口を言ったことがない人はいるか?と聞くと誰もが言ったことがあると答えます。

そうなると、誰にでもいじめられる理由があって、
常にいじめが正当化されてしまいます。

②について

どこまで傷つくかはいじめられる側がどう感じるかで決まるのであって、
いじめる側が決めることではありません。

相手が傷つくことを予測できなかった時点でいじめた側には
大きな責任があります。

悪気はなかったなら仕方ない、で済ませると、
さらなるいじめを誘発しかねません。

③について

いじめがあることを知っていたが、自分は直接いじめていないから
責任がない、と考える子どもが多くいます。

しかし、周囲の者こそ、いじめられている子どもに対し
「あなたはひとりぼっちではない。と伝えたり、
話しをじっくり聞くなど果たせる役割は大きいのです。

いじめは当事者のみではなく、傍観者も含めた話し合いの場をもたないと
解決は難しいです。

-----------

平尾氏のこの記事を読んで、全くその通りだと思いました。

「いじめられる側も悪い」という意見は、本当によく聞きます。

でも、相手が気に食わないのなら、深く関わらなければいいだけであって、
相手が嫌がるようなことをわざとする必要はありません。(無視などの行為も含めて)

相手が嫌いだからいじめるという理由が「正しい」わけがありません。

ましてや、いじめをした子どもの親がそんなことを言っているような家庭は、論外です。

自分の子どもが間違ってないと思いたいのはわかりますが、
仮にいじめるにいたった理由があったとしても、
いじめること自体は間違った行為です。

親はその辺を勘違いしてはいけません。

親がいじめを認めていたのでは、子どもがいじめを悪いことだと思わなくなってしまいます。

自分の子どもがもし、いじめをしていることに気づいたら、
子どものためにも、きちんと間違いを指摘してあげるべきなのです。


「そこまで傷つけるつもりはなかった」というのもありがちです。

小学校の低学年などなら、そういうこともあるかもしれませんが、
高学年や中学生以上になってくると、ある程度相手の気持ちを
察することはできるはずです。

いじめはもはや社会的に見ても、もはや
「遊びのつもりだった」「ちょっとふざけただけ」といった言い訳では
すまされないものになっています。

警察だって出てくるんです。

いじめは罪だという意識を持たなければなりません。


「自分は直接いじめてないので関係ない」という主張は
これもまた大きな問題だと思います。

周囲の人がいじめを止められないのは、自分もいじめられるかも
しれないから、という恐怖があるからでしょう。

でも、見て見ぬふりをしていてはいじめ問題はより深刻になるばかりです。

いじめを見た多数のクラスメイトたちが「やめろ!」と言えれば
それが一番いいのですが、それが無理ならば、
せめて先生にいじめがある事実を報告するなど問題解決に向けて
行動できるようになってほしいです。

そのためには学校全体で徹底的にいじめをなくすための人権教育や
対策に取り組んでいくことが重要ですね。

学校や教育委員会はいじめがあった事実を隠すのではなく、
いじめへの取り組みや成功事例などを積極的に公開し
情報交換することでいじめ解決に効果的な方法を構築する必要があるでしょう。

学校側や教育委員会が、いじめの事実を隠したり、
いじめについての調査結果を公開しないのは、
子どもたちがいじめを正当化しようと言い訳する以上に子どもじみていて
愚かな行為だと思います。

子どもに携帯を持たせている家庭も多いと思うのですが、
子どもがどんなふうに使っているか把握していますか?

昨年6月に行われた10歳~17歳の子どもとその親の2000組に行った調査では
自分の携帯を持っている小学4~6年生は17%、中学生は43%だったそうです。

うちの甥っ子も小学1年の時から携帯を持っていますし、
近所の小学生でも母親が仕事にでているところは持っています。

小学生のうちは親への連絡のみにしか使わないようにしていたりする家庭が
多いようですが、さすがに中学校になるとメールやネットなども利用するように
なりますよね。

読売新聞にのっていたのですが、佛教大学教授原清治氏が
メールでは表情や口調までは伝わらず誤解を生みやすい、と指摘し、
あやふやな表現を避けて丁寧な言葉を選ぶように教えたほうがよいとありました。

確かに、メールを送る時は顔を合わせて話しているのと違い、
表情や声のトーンなどから言葉に含まれる相手の気持ちを読み取ることができません。

大人でもメールを送る際は気を使いますよね。
なので、個人的にはメールはあまり好きじゃないです。^^;

ましてや、子どもの場合はあまり深く考えずに相手の誤解を招くような内容を送ってしまったりしてしまいがちです。

でも、読む側がそれをどう受け取るか、読んだらどんな気持ちになるのかを
考えた上で、きちんと読み直して送信することがトラブル回避には大切ですよね。

それから知らなかったのですが、「15分ルール」などメールをもらったら、
15分以内に返信するというルールを友達の間で決めているケースもあるそうです。

うーん、15分以内って、これじゃ、いつも携帯をチェックしてないといけませんね・・・。

私なんて、ひどい時は朝見て、夜まで全く見ない時とかありますけど。^^;
で、「気付かなくて、ごめんなさい。」って書き添えて返信することしばしば・・・。
そんな感じなので、15分以内なんてよほど携帯を手元に置いていない限り無理ですね。

そんなメールばかりしてるほど、暇じゃないですし。

子どもたちの間でそんなルールができあがっていたら、
携帯依存症になって、精神的によくないですよね。

常にメールがきてるかどうか気にしないといけないし、
送れなかったら「どうしよう!!」って思って精神衛生上もよくないです。

あまりにも頻繁にメールのやりとりをしてるとか、
携帯ばかり気にしてるようであれば、子どもに問いただしてみる必要がありますよね。

原さんは最初は親がメールや着信履歴をチェックすることを携帯を持たせる際の
条件にしてもいいのでは?と言います。

また、使ってもいい場所や時間を決めたり、食事中は触らない、
メール文は主語や述語を省かず正確な言葉遣いにする、
ネット上にむやみ学校名や本人・友人の個人情報を公表しない、
といったルール作りを提案しています。

ネットの掲示板に悪口を書き込んだり、
チェーンメールで友達を中傷する内容を回したり、
携帯って使い方を間違えれば、いじめ問題に発展して子どもを追いつめることにもなりかねません。

もちろん、子どものプライバシーを尊重することも大事ですけど、
きちんとモラルのある使い方ができるようになるまで、
親が監視の目を光らせ、きちんと指導することも大切だと思います。

あべまさいさんの「おかあさまのためのコーチング」という本を
読んでいますが、この本けっこうおすすめです。

いろいろ気付きをくれます。

さて、今日はその中で「軸をもって関わる」という項目がありました。

自分がどういう決断をすべきか、という時に軸がはっきりしていると
決断が早くできるみたいです。

軸といえば、毎週見ているNHKの大河ドラマ「平清盛」でも
自分の「軸」っていう言葉がよくでてきますね。
まあ、余談ですけど。^^

このタイミングでこの本のこの文章を読んだっていうのは
何かの縁かな?っても思うんですが。
今、このことについて考えろってことかな??

「おかあさまのためのコーチング」の中で、書かれている
育児における自分の軸を明らかにする問いかけ、
すごく考えちゃいましたね。

子どもを常に〇〇するのが自分の役割だ
子どもに〇〇な人だと思われたい。〇〇な人とは思われたくない。
私が憧れるお母さん像は〇〇で、それは彼女がいつも〇〇しているからである。
私の、母親としての軸は〇〇である。

(引用 「おかあさまのためのコーチング」 ディスカバー)

あなたはどうですか??

私の母親としての軸は〇〇である。

なんて、考えたことなかったです。

社会にでて自分で自立して生きていける力を身につけさせるとか、
家族をつくって愛情に満ちた幸せな家庭をつくってほしいとか、
そんなことは考えますけど、軸が〇〇ってなると悩みますね・・・。

自分の目標としたい人がいればわかりやすいかもしれないです。

きっとこれらの質問に明確に答えられるようなら、
育児の上で迷いも少なく、そして子どもへの対応にも一貫性がでてくるでしょうね。

子どもも親のそんな姿勢を見て、何か感じとってくれるのかもしれない。

うちはまだ小学生ですけど、すでに迷うこといっぱい。
この先はもっともっと色々あるんでしょうね。
これを機会に自分の軸について考えてみようかな、って思いました。

あべまさいさんの著書「おかあさまのためのコーチング」という本があるのですが、なるほどなって気づかされることが色々あっておもしろいです。

例えば、質問にはオープンクエスチョンとクローズドクエスチョンの二通りあって、前者は相手が自由に話せる質問であるのに対し、後者は「はい」か「いいえ」で答える質問なのだそうです。

「宿題やった?」はクローズドクエスチョンですが、この裏側に「やってないんじゃないの?」という否定的な疑惑を相手に感じさせるそうです。

確かに、実際この質問って、我が家でも毎日のように繰り返されてます。
(やりなさいって言う方が多いかもしれないけど。^_^;)

もちろん、やってないんじゃないの?ていう気持ちが思い切り入ってます。
大抵やってないので、たまに「やった」とか言われるとびっくりしちゃうんですが・・・。

クローズドクエスチョンて相手にプレッシャーを与えてしまう可能性があるので、使い方に注意が必要なんですって。

で、あべさんは「宿題、どう?」って聞いたりするのだそうです。
(言い方にも気をつけてるそうですが)
すると、普通に会話っぽくなるんですって。

同じ質問でも、こう聞くとオープンクエスチョンになるんてすね。

毎日ガミガミ言って険悪になる人はこういう質問の仕方に変えてみると良いかも。

でも、うちの場合は発達障害でこういう曖昧な質問は苦手だから無理かな?

どう?ってどういうこと?みたいな。^_^;

宿題の進み具合はどう?ならいいのかな?
プレッシャーにはなるだろうな。

ザ・リーダー・イン・ミーの最後の要素

⑥力を合わせる
⑦自分をみがく

について。

力を合わせる、は自分の考えと相手の考えが違う時、
それぞれの良いところを合わせて、お互いに納得のいく
よりよい案を考えだすというものです。

それには「協力チャート」というツールを使います。

自分の考えと相手の考えを書きだし、
その下に二つの考えの良いところをまとめた新しい案を作りだします。

自分の考えと人の考えが違うということはしょっちゅうあります。

ましてや、子どもの考えは自由ですから、
友達と意見が合わずに対立することもたくさんありますよね。

まあ、それはそれで悪くはないと思いますが、
自分と相手で協力して考えられるようになるということは
これから先成長するに従い、必要となってくる力でもあります。

そういう意味でも、この協力チャートを使って早いうちに訓練することは
意味のあることだと思います。

最後の「自分を磨く」は文字通り自分を磨くこと。
体・頭・心・精神の4つを良い状態にするためにできることを考えます。

心と精神の定義が書かれていないのでちょっとわかりにくいですけど・・・。

運動したり、早寝早起きしたり、読書したり、道徳を学んだり、友達と遊んだり、
そんな感じでしょうか??

心身ともに豊かになれることを実践しましょう、っていうことだと思います。
子どもにとってはこの項目が一番楽しいかもですね。^^

以上でザ・リーダー・イン・ミーの「7つの習慣」は終わりです。

これだけのことを小さい時から実践できてれば、
確かに人生かなり変わってくるだろうなって思いました。

実際、これを導入しているアメリカの学校では、子どもたちに変化が表れているそうです。

残念ながら日本の小学校の授業ではこのテキストはありませんけど、
自宅で親が一緒になって取り組んであげれば、きっと子どもにとって
プラスになるだろうと思います。

ザ・リーダー・イン・ミーの4.5番目の要素について。

④win-winを考える
⑤わかってあげてからわかってもらう

うーん、項目見ただけで高度な気がします。

win-winを考えるについては「バランスチャート」というツールを使います。
自分の主張を通すだけでなく、相手も自分もお互いにハッピーになる道を
探るためのものだそうです。

そうしたほうがいい時と、そうしないほうがいい時を〇×で分けます。

プレジデントファミリーにのっていた例では勝とうとがんばるほうがいい時と、
勝とうとがんばらないほうがいい時、というのがでていました。

スポーツの試合をする時、とか、
自分のアイデアより友達のアイデアの方がよりいいと思った時とか、
選択肢があって、それをわけるんですけど、なかなか難しいものもあるかも。

高学年ならわかるかもしれませんけど、
これはけっこう訓練が必要なのでは?

大人がやるにしても難しいんじゃないかと思います。
特に日本人には相手に合わせて自分を押し殺すタイプの人も
多いので、win-winな関係って考えるのが難しいかも。

とはいえ、訓練ですよね。
自分も相手も大事にできればそれにこしたことありませんし、
小さい頃からこれが身についていれば、
大人になってからも役立ちますよね。

わかってあげてからわかってもらう、については、
結果から原因を分析するツール「さかなのほね」を使います。

一番上に結果があって、その下にさかなの骨のように
枝分かれした欄に原因を書くというものです。

「わかってあげてからわかってもらう」ということは、
友達の考えや気持ちを理解してあげれば、相手もこちらのことを
理解してくれるようになるということらしいです。

ケンカした時なんかにも使えそうですよね。

結果のところに友達と遊んでいたらケンカになってしまった、
などとしていて、その下にズラズラっと原因を書きだしたりして。

物事を客観的に考えて分析するのによさそうです。

でも、これも最初は大人の手助けがないと、なかなか難しいかもしれません。

慣れるまで親や先生が一緒に考えてあげたほうがうまくいくでしょうね。

プレジデントファミリーで紹介されていた「ザ・リーダー・イン・ミー」についてしばらく記事を書きたいと思います。

さてさて、続いての要素は、

②ゴールを決めてから行動する
③大事なことから今すぐに

について。

ゴールを決めてから行動するためのツールが「ながれチャート」。

最終的にどうなりたい(どうしたいのか)のゴールを決めて、そのためにどういった順序でものごとをすすめていけばいいのか考え、スケジュールを組むためのもの。

確かに何をするにしてもゴールが見えてないと何からしていいかわからないし、
そのための順序をきちんとわかっていなければ、
スムーズに達成できないですよね。

プレジデントファミリーでは作文の書き方の問題がありました。
作文を書くためのステップを選択肢から選んで、順番に並び変えるんです。

例では下書きをするとかおおまかな内容を書くとか、清書するなどの選択肢を
並び変えるようになってるんですけど、うちの場合、おおまかな内容を書くっていう
こと事態を細分化しないと、その時点でつまづいています・・・。

まあ、作文はさておき、部屋をきれいに片付けるとか、
カレーを作るとかそんなことでもいいですよね。

大事なことから今すぐに、は「じゅんばんリスト」というツールを使います。

やらなければならないことと、やりたいことを書きだし、
やらなければならない重要度順にABCと書いていって、
Aから順にこなしていくようにするというもの。

子どもってどうしても自分のやりたいことを優先してしまって、
後で「時間がない~」ってなりがちですよね。

うちの子も宿題より遊び、お風呂よりテレビって感じで
毎日ダラダラ。

で、怒られてばっかり・・・。

この習慣が身に着けば、本人たちもきっと毎日がもっとたのしく
スムーズに送れるようになるんじゃないかと思います。

これは、私自身も取り入れたいです。
やることが多くて時間がない!という場合には絶対役立つと思います。

ザ・リーダー・イン・ミーで実践する1つ目の習慣は「自分で考えて行動する」です。

自分で考えて行動するためには感情に流されていてはできません。
子どもにとってこれはけっこうハードル高いかもですね。^^;

問題に対して冷静に判断するために「一時停止ボタン」を使います。
「一時停止ボタン」って何?と思いますが、要するに自分の思考を一度止め、
冷静に考えて行動するための方法です。

ザ・リーダー・イン・ミーでは練習問題があって、
例えばこの一時停止ボタンについてはドキドキするような場面や
がっかりするような場面を指定し、その時にすべき適切な行動を
回答の選択肢から選ぶようになっています。

Q.発表の順番がきてドキドキしている

一時停止ボタン:深呼吸して落ち着いてベストをつくす

みたいな感じ。

具体的な場面が設定されているので、こういうパターンを繰り返せば
確かに実際の生活の中でも活用できそうです。

一度立ち止まって考えるクセを身につけるってことですよね。

うちでは家でこういうことを一緒に考えようとすると、いつも嫌がられるんですけど、
テキストがあったらおもしろがってやってくれるかも?

できれば、どうやったら宿題を「早くしなさい」って怒られずにこなすことができるか?
このことについて考えてもらいたいです。(笑)

ザ・リーダー・イン・ミーというプログラムがアメリカの一部の小学校で
実践されているというのをプレジデントファミリーで読みました。

ザ・リーダー・イン・ミーはスティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」という
著書をもとに子ども向けプログラムとして作られたものだそうです。

このプログラムを取り入れることで、子どもたちは自分で考えて行動したり、
協調性を養ったり問題解決能力を養うことができるそうで、
実際に取り組んでいる小学校では子どもに変化が見られているのだとか。

7つの習慣の内容は以下のようなものです。

①自分で考えてから行動する
②ゴールを決めてから行動する
③大事なことから今すぐに
④win-winを考える
⑤わかってあげてからわかってもらう
⑥力を合わせる
⑦自分をみがく

パっと見、これをどうやって子どもたちに実践させるのか?って
思ってしまいますよね。

自分で考えて行動するとか、大事なことから今すぐにとか、
力を合わせるとかはなんとなく教えられそうな気がしますが・・・。

win-winを考えるとか、わかってあげてからわかってもらう
なんていうのは子どもにとってはなかなか理解しがたいかも。

説明しても「なんでそうしなきゃいけないの?!」って言われそう。

大人だって頭ではわかっていても実践はなかなか難しいですよね。^^;

自分をみがくなんて、できたらいいとは思うけど、
どうやって子どもにそんなことをさせるのか?って思っちゃいます。

こんなふうに子どもには難しいのでは?というところを
やさしく実践しやすくするために開発されたのがザ・リーダー・イン・ミーなんです。

読んで「なるほど!」って思うような実践しやすいプログラムになっています。

続きは次回書きますね。

プレジデントファミリーに荻原博子さんと昭和女子大学学長の坂東眞理子さんの
対談があったのですが、その中に「苦手教科よりあなたの生き方を教えなさい」
ということが書かれています。

荻原先生が子どもと電車に乗る時に自分が座らずに子どもを座らせる親が
多いが、年配の方がいたら「あなたが立ちなさいと子どもに言えるようにならないと」
とおっしゃっていました。

確かにうちも電車などでは子どもに座らせて自分が立ってしまいます。

たぶん、お年寄りがいたら私のほうが席をゆずるでしょうね・・・。

あなたが立ちなさい、かぁ。
言えないかも。

でも、親が席をゆずる姿を子どもに見せること自体は無駄じゃないと思うんですけどね。
子どもは親を見て育つので、親が年配の方に席をゆずっていたら、
子どももその姿から学ぶんじゃないかと思うのですが。

それから、坂東学長が「親を敬う気持ちを育てることは絶対に必要」とおっしゃっていました。

親を敬う気持ちを育てるために、自分の弱いところや醜いところは
隠していいところを見せるように努力されているのだそうです。

すごいなぁと思いました。

子どもは親が弱音を吐いたりしてるところってあまり見たくないんじゃないかと思います。

そういうところを見て親近感が湧く場合もあるのかもしれませんけど、
なんとなく、親は頼れるお手本のような存在であってほしいという
気持ちも個人的にはありますね。

私は既にあるがままを子どもに見せてますけど、
ちょっと見せすぎかも?!
八つ当たりもしちゃうし・・・。

少しは尊敬されるような親になれるよう精進いたします。(_ _;)

みなさんはいかがですか?

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち子育てカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは学力・学校・教育です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。