熊本地震 被災記録~17日以降|もうすぐ1ヶ月 振り返ってみて

熊本地震 記録 4月17日以降

毎日のように揺れているため、揺れていなくても揺れているような感覚に。

体感で今のは震度4とか震度3とかわかるようになりました。(苦笑)

そして、震度3くらいでは、もう誰も反応しない状態。

子どもたちも普通にしゃべったり、ゲームしたりしていました。

学校はどんどん休校の期間が伸びていき、どうなっちゃうのかな?と心配になるばかり。

入学したばかりだったのに。

主人も会社がかなり被害を受けて、危険なので自宅待機。

結局19日あたりから会社の掃除に行き始めました。

食べ物については、スーパーで開いているところの情報を得ては遠くても買いに行ったり、給水車のあるところまでいって毎日水をもらっていたので、お米はなんとか炊くことができました。

井戸水が濁っていたのは23日くらいにようやく透明になりました。

でも、実際には水質検査(市が無料でやってくれた)を受けてから飲んだので5月6日くらいからです。

片づけはなかなか進まず、特に食器類はまた揺れたらと思うと怖くて、長いことダンボールの中に入れてました。

どうにか開いてるお店で滑り止めシートを入手して、それを敷いてから、食器は収納しました。

本棚が壊れているので、本はまだダンボールに入ってます。

地震はずっと続いて、特に夕方から夜にかけて起きてるような気がしました。

みんなそう言ってましたね。

寝てる時に少し大きく揺れると、すぐ目が覚めてしまいます。

お店は開かない(開いてても、天井が落ちてたりとかすごい状態・・・)、学校はいつ行けるかわからない、地震で壊れたところをどうやって修理しよう?、旦那の会社って潰れないのかな?などなど、日がたって、地震の恐怖から少しずつ解放されてくるにつれ、ジワジワといろんなストレスを感じるようになってきました。

友達とも電話で話ましたが、地震以降子どもの寝付きが悪くなったり、じんましんが出たりなど、みんなそれぞれに大変そうです。

家が傾いて無きながら片づけをしている同級生のお母さんの話なども聞きました。

地震ってその時だけでなく、そのあともいろんな問題が残るんですよね。

宅急便が届くようになって、食べ物を送ってもらったり、一番近くのスーパーでものが買えるようになったり、ちょっとずついつもの状態に戻ってきてる気がしてましたが、やはりそう簡単なものではありません。


このブログ記事について

このページは、2016年5月11日 15:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「熊本地震 被災記録~14日から16日のこと|もうすぐ1ヶ月 振り返ってみて」です。

次のブログ記事は「熊本地震 被災記録~5月11日 余震が減ったような?|もうすぐ1ヶ月 振り返ってみて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。