2013年12月アーカイブ

サイトにログインするのに、IDやパスワードが必要となる場合、
ブラウザでそれを記憶しておくことができますよね。

でも、IDやパスワードが変更された時に、
そのせいでうまくログインできないことがあります。

つい先日、私もそういう経験をしました。^^;

あるサイトにアクセスすると、IDやパスワードの入力フォームがでてきます。

そこには既に以前のIDやパスワードが入力されている状態なんです。

で、それをDeleteキーで削除して、新しいIDとパスワードを入れて
ログインしようとしても、ログインできず、再度、古いパスワードなどが入った入力フォームが表示されてしまう・・・。

何度かやってみたけど、ダメ・・・。

うーん。

ということで、じゃあ、保存されているIDとパスワードを削除してみよう!

ということで、やってみたら、次はうまくログインできました♪

以下、Firefoxで保存されているIDとパスワードの削除する方法です。↓


①左上のFirefoxのタブをクリック→「オプション」をクリック→「オプション」をクリック

2013-12-29_06h02_35.png


②上の「セキュリティ」をクリック→「保存されているパスワード」をクリック

2013-12-29_06h08_00.png


③検索窓にIDやパスワードを削除したいサイトのURLを入力して検索
→URLを選択→「削除」をクリック→「閉じる」をクリック。

2013-12-29_08h52_16.png


もし、IDやパスワードが変更になって、
入力してもログインできない場合は、
試してみるとうまくいくかもしれません。

すりおろしきゅうりダイエットといえば、山田花子さんが2週間で2.7キロ痩せたことで知られてますよね。

このすりおろしきゅうりダイエットは来年ブレイクするんじゃないかと、雑誌FYTTEで書かれていました!

そもそも、何故すりおろしきゅうりで痩せるのか?

きゅうりって栄養が少ないっていうイメージがありませんか?

(実は私もそう思っていました!)

すりおろしきゅうりダイエットで痩せる秘密は、きゅうりに含まれる豊富な「酵素」にあります。

酵素って、食べたものを消化吸収したり、エネルギーの代謝に必要な栄養なのですが、体内で一日に作られる量は決まっているのだそうです。

食べ過ぎると、限られた酵素を消化吸収にばかり費やしてしまうため、エネルギー代謝のほうにまわせなくなり、結果的に太りやすくなるのだとか・・・。

食べ過ぎることって、エネルギーの過剰摂取になるだけでなく、代謝も悪くなってしまうんですね。。。(;O;)

きゅうりには、脂肪を分解してくれるホスホリパーゼという酵素や、タンパク質を分解してくれるプロテアーゼというとういう酵素が豊富。

すりおろしきゅうりを摂ると、消化吸収で使う酵素を補い、本来体内で作られる酵素をエネルギー代謝に多く回すことができるため、痩せやすい体になるのだそうですよ。

なるほど!って感じですね。

その他、むくみ解消に役立つシトルリンや、血液をサラサラにし細胞活性化作用のあるフィトケミカル(通常の身体機能維持には必要とされないが、健康によい影響を与えるかもしれない植物由来の化合物)も含まれていて、ダイエットを後押し!

ところで、すりおろしきゅうりダイエットの方法についてですが、いくつかポイントがあるので、そこをおさえて実践しましょう。

①1日に1~2本、昼食と夕食で食事にプラスして食べる。
 ※水分を1日1.5L程度とる。
 ※朝食には酵素が豊富なフルーツを数種類食べる

ちなみに、酵素が豊富なフルーツは、バナナやマンゴー、キウイなど。

マンゴーは高いけど、バナナやキウイなら手軽に食べられそうですね♪

②きゅうりはおろし金ですりおろし、生で食べる。
 ※金属のおろし金のほうがとがっていて良い
 ※加熱せずに生で食べる
 ※酸化すると酵素が減るのですりおろしたら早めに食べる

きゅうりの細胞膜を壊すと酵素が活発に働くんですって!

だから「きゅうりダイエット」じゃなくて「すりおろしきゅうりダエイット」なんですね~。

③他の食品と一緒に摂る。
 ※ソースやドレッシングにしたり、他の食材とあえたりして食べる。

単品ダイエットは栄養不足やリバウンドのもとなので、
きちんと他の食材も食べましょう!ってことみたいです。

きゅうりってカロリー低いから、きっとこれだけだとフラフラになっちゃいますよね~。

ということで、あとは実践あるのみ!!


が・・・私、実はきゅうりが一番苦手な食べものなんです・・・。( ̄▽ ̄;)

なので、きゅうりが食べられるみなさん、来年はすりおろしきゅうりダイエットで頑張ってスリムボディを目指してください!

ちなみに、私が食べられそうだな~と思ったレシピは、
「きゅうりとりんごのすりおろしドレッシング」

材料(雑誌「FYTTE」より)

すりおろしきゅうり:1本分
りんご:1/2個
りんご酢:大さじ1
オリーブオイル:小さじ2
砂糖:小さじ1
塩・こしょう:少々

これを混ぜるというもの。

りんごの味が強そうだから、食べられるかな?
いつか、気が向いたら作ってみます・・・。

ちなみに、きゅうりってすりおろして冷凍しても良いそうです!

毎回すりおろすのは面倒っていう人には朗報ですよね♪

「でも、冷凍したらダイエット効果がなくなるんじゃ?」って思うかもしれませんが、酵素は冷凍すると休眠状態になるものの、常温で解凍してあげるとまた目覚めるそうです。

冷凍したら7日以内に食べてくださいね。


新型出生前診断が日本で実施され始めて半年以上がたちました。

今までに3000人以上が検査を受けたと推定されています。

この3000人以上の方たちが、検査結果を受けてどういった結論を出されたのか・・・。

この新型出生前診断は様々な国ですでに実施されているものですが、国によって費用など対応が違うようです。


まず、日本では、実施は遺伝カウンセリング体制のある施設で臨床研究として実施されています。

指針については、国レベルでは決めておらず、日本産婦人科学会が策定しました。
(ただし、厚生労働省がオブザーバー参加しています。)

費用は21万円。保険はききません。

基本的に、障害があることを理由に中絶することは合法化されていませんが、事実上は容認されているようです。


アメリカでは、妊婦が胎児の状況を知る権利があると考える人が多いそうで、検査も自由に受けられるそうです。

保険も適用されて、費用は8万~19万円。

障害を理由とする中絶については、州によって合法化されているところとそうでないところがあります。


ドイツでは、遺伝カウンセリングが法律によって義務化されています。

国レベルで運用方法が議論されている点で、他の国より進んでいる感じがしますね。

費用は11万円、保険はききません。

障害を理由とする中絶については、合法化されてないけど実質容認されています。

イギリスでは、民間機関が診断を実施していますが、公費とする議論もされているようです。

検査費用は保険がききませんが、6万円とかなり安くできるみたいです。

障害を理由とした中絶に関しても合法化されているそうで、積極的な印象を受けます。

6万円であれば、比較的検査を受けやすいですよね。

2011年のデータによれば、出生前診断でダウン症がわかった胎児の9割が中絶されているそうです。

このデータにはかなり驚きます・・・。


日本でも、恐らくこれから新型出生前診断が広がっていくと思うのですが、個人的にはイギリスのような状況にはなってほしくないな、と思います。

また、カウンセリングの体制をきっちり整えてから行うようにしなければ、安易な決断が増えてしまうと思うんですよね。

私の周囲にもダウン症のお子さんを持つママがいますが、やはり生まれてきた子どもはかわいいと言ってますし、ダウン症の方でも障害を乗り越えて前向きに楽しく生きていらっしゃる方が大勢いることを考えると、診断結果で中絶する人が増えてしまうことはどうかな・・・と考えてしまいます。

それよりも、障害のある方やその家族を支援する体制を整えることのほうが大切なんじゃないかと思います。


このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。