加湿器を上手に活用するコツ~加湿器の種類や効果的な使い方は?

| コメント(0)

寒くなり、暖房を使う季節になってきました。

そこで、エアコンやファンヒーターなど暖房器具を使うご家庭が多いと思うのですが、そこで問題になるのが「空気の乾燥」。

乾燥を防ぐために加湿器を使うと良いのですが、上手に使うためのコツや加湿器の種類などについて紹介します。


【スチーム式加湿器】

スチーム式は加湿力が高いので、
急いで部屋を加湿したい人に向いています。


 ■SHE60KD-W 三菱重工 スチームファン蒸発式加湿器【smtb-k】【ky】

また、水を加熱するので、あたたかいスチームが出て、
部屋自体も多少暖まります。

ただし、小さいお子さんは吹き出し口に触れると危ないです。

電気代は高めですが、水を加熱して蒸気として出すため、
雑菌が繁殖しにくいというメリットもあります。


【気化式加湿器】

気化式は、ヒーターを使わないため温度が高くならず、
お子さんのいる家庭でも安心して使うことができます。


ダイニチ 気化式加湿器 HD-EN500-W

電気代が安く節電にもおすすめです。

デメリットは、急いで加湿したい時に向いていないということと、
(とはいえ、急速に加湿しなければならない場面も少ないかもしれませんが。)
また、水がついたフィルターに雑菌が繁殖するので、
掃除やフィルター交換などをきちんとしておく必要があります。


【超音波式】

超音波式は、小型で卓上タイプのものが多く、
デザインもおしゃれなのが特徴。


AZUMA EAST超音波アロマ加湿器 EAK-2059-W [ホワイト]

しかし、小型で卓上タイプのものが多いため、
部屋全体を加湿するのには向いていません。

部分的に加湿したいという方に向いています。

ただし、水に含まれるミネラルや雑菌なども一緒に出てしまうため、
衛生面でのデメリットはあります。

水を入れっぱなしにしておいたり、メンテナンスをしていないと
健康に影響を与えることも考えられます。

最近は、雑菌対策をしているものもありますので、
もし超音波式を選ぶなら、お値段が多少高くなっても、
そういったもののほうが安心です。


【ハイブリッド式】


ダイニチ DAINICHI ハイブリッド式加湿器(温風気化+気化)

ハイブリッド加湿器の気化式ベースのものは、基本的には気化式で加湿しながら、
湿度が低い時には湿ったフィルターに温風を当てて急速に加湿し、
設定湿度になると気化式に切り替えて湿度を一定に保ちます。

湿度によって気化式と温風気化式を使い分けるため、
消費電力も節約できます。

ただし、ファンの音が大きいものもあるので、
選ぶ時はそのあたりも考慮したほうがよさそうです。

吹き出し口も熱くならないため、赤ちゃんや小さい子どもがいる家庭にもおすすめ。

超音波式ベースのものは、ヒーターで加熱した水をミスト化して噴出しています。
(もしくは、その逆のものもあるようです。)

いずれにせよ、超音波式をベースにしたものは、
通常の超音波式加湿器と同じく、雑菌対策などがされたものを
選んだほうがよいでしょう。


加湿器を効果的に使うには?

部屋の湿度は40~60%だと快適に過ごせるそうです。

しかし、60%を超えると窓ガラスなどの結露がひどくなり、カビなども発生しやすくなりますので、気をつける必要があります。

また、加湿器を窓際に置いて使うと、結露しやすいのでそれも避けましょう。

エアコンを使っている時に加湿器を使うのは良いですが、エアコンを消す時には加湿器も消したほうがよいです。

エアコンを消して室温が下がると、湿度も上がるので加湿器をつけたままにしておくと、加湿のし過ぎになってしまいます。

タイマー付の加湿器なら、エアコンのタイマーと時間をあわせておけば、気にせずに眠ることができますね。

また、センサーのついた加湿器なら自動で湿度を調節して運転してくれるので良いでしょう。

加湿器を購入する際は、こういった点も考慮して選ぶと良いですよね。


ちなみに、我が家ではスチーム式の加湿器を使っています。

確かに部屋は少し暖かくなりますね。

スチームの量を2段階調節でるのでが、強で使ったら、窓ガラスの結露がすごすぎて、床までびしょぬれ・・・。

エアコン切ったのに加湿器だけつけていたのが原因だと思います。。。

あと、水に含まれるミネラルが白く固まってしまいます。
(うちは井戸水なので、特にひどいと思いますが。)

うまく使うのはなかなか難しいですね。^^;

コメントする

このブログ記事について

このページは、2013年11月21日 17:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「就職活動で着るスーツの選び方~今時の就活スーツの傾向は?」です。

次のブログ記事は「パソコンの画面が大きくなった!?アイコン、ブラウザなど全部大きい時の解決法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。