冷しゃぶを柔らかくする方法 へ~!こうすればいいんだ?!

| コメント(0)

冷しゃぶを柔らかくする方法
について新聞に載っていたのでシェアしたいと思います♪

夏といえば、冷たくてさっぱりしたものが食べたくなりますよね。

そこで、冷しゃぶを食べる家庭も多いと思うのですが、冷しゃぶをゆでると固くなりますよね・・・。

なんであんな風に固くなってしまうんでしょう?

今日の新聞で、日本料理店「分とく山」総料理長の野崎洋光さんがポイントを教えてくださっていました。

冷しゃぶをやわらかく茹でるためには、お湯の温度を65度~70度くらいにするのがいいそうです。

肉のタンパク質が固まり始める温度なので、この温度でゆでれば生でもなく、タンパク質が完全に固まったわけでもない状態でやわらかく仕上がるんですって♪

でも、温度計で測るわけにもいかないよね~と思ったら、
温度計を使わないでもできる方法も書かれていました!

親切だわ~。

豚薄切り肉200gで作る前提で、
1リットル水を沸騰させ、そこに300ccの水をいれます。

泡立っていた水面がすっと落ち着いたら、火を止めて豚肉を全て投入。
(冷蔵庫で冷やしていた肉の場合は日を消さずとろ火で加熱し続ける。)

箸で広げるようにして1分から1分半茹でます。

肉の色が白っぽくなったら引上げ、常温の水にとってザルで水切りします。

この方法で、冷しゃぶをやわらかく茹でることができるそうです♪

夏場はどうしても熱いので麺類とかですませてしまいがちですよね。

でも、タンパク質が不足すると疲れやすくなってしまいます。

豚肉のビタミンBには代謝を促し、糖や油の代謝を促進し、
効率よくエネルギーを作り出してくれるので、
疲れにくい体を作るために積極的にとりたいもの。

ただし、豚肉は体を冷やす作用があるので、しょうがやにんにく、ねぎなど
体を温める素材といっしょにとるようにしましょう。

冷しゃぶのタレに上記の素材をまぜたりするといいですね♪

冷しゃぶをやわらかく茹でる方法、ぜひ試してみてください!

コメントする

このブログ記事について

このページは、2013年8月 8日 16:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヨナナスメーカーが熱い!ダイエットにもいいかも♪ 在庫あり?!」です。

次のブログ記事は「ハウステンボスの感想♪赤ちゃんや子ども連れの方必見!ベビーカー&休憩所などの情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。