洗濯物を室内で早く乾かす干し方&生乾きの臭いが取れない時の消臭法

| コメント(0)

梅雨に入り、洗濯物の生乾きに苦しむシーズンがやってきました。

乾かないし、臭いし・・・。

そこで、今回は洗濯物を室内で早く乾かす干し方&生乾きの臭いが取れない時の消臭法について紹介します。

室内干しのときに悩まされる、悪臭の原因は汚れと雑菌。

なので、雑菌の繁殖を抑えるために、除菌剤の入った洗剤を使うとか、
洗剤+酸素系漂白剤を入れて洗濯するというのがまず一番目の方法。

うちは、合成洗剤は使わないので、雑菌が繁殖しやすく、そのため、酸素系漂白剤を加えて洗濯しています。

とはいえ、これだけではやっぱり臭います・・・。

一度、臭うようになると、何度洗っても臭いは取れません。

その場合は、バケツに水と酸素系漂白剤を入れ、そこへ臭い洗濯物を数時間つけておきます。

(うちの場合は3時間以上はつけてます。
ただ、そんなにつけて生地が傷まないかって言われると、微妙ですが。
漂白剤の説明をよく読んでつけましょうね。)

漂白剤につけた後、再度洗濯機でふつうに洗うと臭いはとれます♪

試してみてください。


新聞で読んだのですが、洗濯物は洗濯後5時間以内で乾かさないと、
臭いがするようになるらしいです。

そこで、干すときにもいろいろ工夫しなければならないのですが、
カーテンレールに干すと風通しが悪くて乾かないので、
室内に室内干しのスタンドを出して干すのがベター。

また、干し方なのですが、ライオンの実験によると、ハンガーの両端に長い衣類、
中ほどに短い衣類を干す「アーチ干し」だと早く乾くそうです。

長いものと短いものを交互に干すといいって聞いたことがありますが、
それよりもアーチ干しのほうが早く乾くんですって。

実験では、他の干し方の10~20%くらい早く乾いたそうですよ。

さらに、扇風機など併用するとより早く乾きそうですね♪


コメントする

このブログ記事について

このページは、2013年6月 2日 08:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Windows8 メモ帳はどこにある?? 探し方」です。

次のブログ記事は「アースのハエとり棒(卓上型ハエ取り)を買ってみました レビュー・口コミ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。