絵が苦手でお手本のとおりにしか描けない? 発達障害の子どもの支援

| コメント(0)

今日は、病院の日でした。
(うちの子はアスペルガー症候群で、定期的に病院に行っています。)

いくつか質問したので、忘備録的に書いておきたいと思います。

以前、冬休みの宿題で読書紹介カードというのを書かなければならなかったのですが、その時、けっこう大変だったんですよね。

もともと絵を描くのは苦手なんですけど、挿絵のとおりに描こうとして絵を黒く塗りつぶしてしまったので、そのことを相談しました。

以前、書いた記事はこちら→http://www.yuyuit211.com/2013/01/06/post-255/

担任の先生に相談すると、この年頃はそんなものです、みたいに言われたのですが、
本当にそうなのか気になってたんです。

ポイントは2つ。

  • 挿絵は縦長だったけど、絵を描く紙は横長だったので、描けないとグズった。
  • 挿絵が白黒だったので、その通り黒で色を塗ってしまった

病院の先生が言うには、子どもによって「ここまでやっていい」という判断の幅が違い、うちの子の場合はその許容範囲がかなり狭いということでした。

挿絵の通りに描かないといけない、という思いが強くて、他の子みたいに自由に絵を描き換えていいとか、色をつけていい、などという判断ができないのだそうです。

ということは、この年頃の子どもはこんなものだから、って簡単に流していいということでもなさそうですね・・・。

やっぱり、担任の先生にお願いして、より具体的に指示してもらうのがいいのだそうです。

あとは、たぶんトライ&エラーで何度も経験するうちに挿絵の通りじゃなくてもいいって、わかるようになるんでしょう。

ただ、想像して描くこと自体が苦手なので、それもハードル高いとは思います。^^;

コメントする

このブログ記事について

このページは、2013年4月 5日 18:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サポートブックの作り方の具体例 小学校に上がる前に作ろう! 発達障害の子どもの支援」です。

次のブログ記事は「あいまいな表現を理解するが苦手の解決策 発達障害の子どもの支援」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。