発達障害啓発週間4月2日~8日

| コメント(0)

4月2日~8日は発達障害啓発週間ですね。

まだまだ発達障害についての周囲の認知度や理解は少ないので、
こういった啓発週間などはとても重要だし、もっと多くの人に
正しく理解してもらいたいなって思います。

さて、今は春休み。

うちの長男も春休みで家にいます。

が、家にいると何かとトラブルも多いもの・・・。

いとこが一週間ほど泊まりに来ていましたが、本当にちょっとしたことで
うちの子が機嫌が悪くなり、しかも長い間不機嫌を引きずっているので
せっかく来ているいとこの子も面白くなさそう・・・。

うちの子の場合、自分でそのことを理解してクールダウンすることはできず、一度不機嫌になるととにかく長いし、それが頻発するんですよね・・・。

まだ、告知はしていませんが、春休みの最後に病院に行くので、その時もし何か聞かれたら「気持ちの切り替えが苦手で困るでしょ?どうやったら、気分が悪くなった時に気持ちを切り替えられるようになるか相談に行くんだよ。」って話そうかと思っています。

昨日は、いとこの子が帰るので駅まで送って行きましたが、その時なにかの拍子で障害者の話になりました。

それで私が「今は正常に生まれる人のほうが少なくて、みんな何かしら障害があったりするのよ。」

と言うと、「自分は障害ないもん。」という息子。

「うーん。障害っていう言葉が悪いよね。なんか悪いことのような感じがするからね。」と私。

すると旦那が「障害じゃなくて、特徴とか個性とかって言ったほうがいいかな?」とフォロー。

おお、いいこと言うね!

「そうそう。個性、個性。苦手なこともあるけど、人より優れている部分もあったりするのよ。」と私。

息子はふーん、って感じで聞いていましたが、いつか告知したらどんな反応するのかな・・・って思っちゃいましたね。

発達障害の「障害」っていう言い方、どうにかならないものでしょうか。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2013年4月 1日 13:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガーリックバターソース(ケンコーマヨネーズ)でパスタを作ったよ♪簡単レシピ」です。

次のブログ記事は「富士通のFMV-BIBLO NF/G70を分解しようとして・・・笑えない話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。