2013年3月アーカイブ

ガーリックバターソース(ケンコーマヨネーズ)を買ったので、パスタを作ってみました♪

garicbutter.jpg

ガーリックバターソースはガーリックトーストなどに使えるみたいですが、
野菜といっしょに炒めるたり、いろいろ用途はありますね。

とりあえず、ちょうどパスタがあったので、
お昼ごはんにガーリックバターソースを使ったパスタを作ることに♪

材料は冷蔵庫に入っていたもので。

以下レシピです。(っていうほどたいしたものじゃないですが。)

シャケ(無塩)と小松菜で作りました。
(普通だったら小松菜じゃなくてホウレンソウかもしれないんですが、なかったので)

シャケはフライパンで焼いてほぐします。
(ちなみに使ったのは骨が抜いてあるもの。)

焼くといっても、ほぐせる程度にしておかないと、
後で野菜やパスタと炒めた時、火が通りすぎるので注意。

小松菜を適当なサイズに切ってシャケと一緒に軽く炒めます。

その間にパスタをゆでておき、できあがったら、小松菜とシャケの入ったフライパンに投入。

ガーリックバターソースを入れて炒めます。

ガーリックバターソースに味がついてると思っていたので、
最初は何も入れなかったら、味薄い。

(でも。ガーリックバターソースのみ味見すると結構塩味はあります。)

そこで、しょう油も入れてみたところ、とってもいいお味に。

分量は、適当です。(でも、しょう油の入れすぎに注意です。)

できあがり!↓(盛り付けがいまいちですけど。^^;)
NCM_0051.JPG

思った以上に、にんにくの風味がきいていました。

おいしかった♪

でも、人に会うときはやめといたほうがいいかも。^^;

ちなみに、ケンコーマヨネーズのガーリックバターソースを買いたい人は
ここで購入できます。↓
ガーリックバターソース515g

量もけっこう多いので、あれば便利な調味料ですね。

今度はガーリックトースト作ってみよう!

もうすぐ修了式ですね。

この一年いろいろありましたが、先日担任の先生や相談室の先生と1年のまとめの話をしてきました。

担任の先生はいろいろと協力してはいただきましたが、根本的な考えの部分で不一致があったように思います。

私が「かわいそうとか、心配するとか、そういった人の気持ちを理解するのはやはり苦手っぽい」と言うと、

先生は「まあ、いろんなお子さんがいますが、ひとつ言えるのは読書をよくするお子さんは感受性が豊かです。」のようなことを言っていました。

でも、発達障害の子どもは、本を読めばいいっていう問題じゃないような気がしますが・・・。

うちの子どもの場合、発達障害でもそこまで目立つタイプでないので、いつも「特性というより性格では?」と先生から言われてばかりいたので、なんだかな~という感じでした。

やはり、先生によって様々ですね。

相談室の先生とは1年を通して、成長した点や課題点、今後のことなどについてお話しました。

成長した点としては、

4月に比べると泣いて暴れるとういことが減り、多少落ち着いた。
友達に電話をかけることができた。

というところが目覚ましい変化だろうと思います。

4月はクラス替えや引っ越し、出産など環境の変化で少々荒れていて、引っ越し前にスムーズにできていたこと、(宿題、歯磨き、お風呂など)ができなくなっていましたし、手がつけられないほど泣いて暴れるっていうことがありました。

でも、1年たって暴れることが本当に減ってきました。

それから、友達に電話できたっていうのは、他の子どもにとってはそんなにたいしたことではないでしょうが、うちの子にとっては本当にすごいことで、我が家では一大ニュースだったんですよ♪

一方、課題点としては、


学校であいまいな指示を出されると理解できない。
自分の考えや気持ちを言葉で伝えられない。
感情のコントロールが苦手。

まあ、これらはどれもアスペルガー症候群の子どもにとっては苦手なことばかりなので、長期で取り組んでいくしかないのですが。

ただ、学校であいまいな指示を出されると理解できない、という点については、3年生になってから特に顕著になってきました。

学年があがると先生もそこまで丁寧に指示をだしてくれなくなるので、今後ますますつまづくことが多くなるだろうし、担任の先生に個別に指示を出していただく必要があるだろうと感じます。

3年生の担任の先生とこのことを話た時にも、実際問題として毎回そこまでの対応は難しいし、気づかないこともあるので、そういうことがあった場合はその都度、学校に連絡してもらったほうがいい、といわれてました。

それにしても、社会にでてからどうなるのかな~とふと不安な気持ちになったりますね。--;

4年生になって担任が決まり次第、事前にお話しに行く予定です。

担任の先生って重要なので、今度はどの先生になるのか?

理解のある先生だと良いですが・・・。

しまうまプリントで写真を注文してみたので、その口コミ・感想です。

 WS000051.JPG

ネットプリントジャパンとどっちにしようか迷ったんですが、
しまうまプリントのほうがキャンペーンがお得だったので、
とりあえずそちらにすることに。

口コミでは、いろいろありましたが、
5円プリントはいまいちだとか、5円プリントでも十分だとか・・・。

失敗するのはイヤだったので、プロ仕上げの15円(キャンペーンで12円)で注文してみました。
(プロ仕上げは人の手で色補正をしてくれるらしいです。)

いままでネットから注文する場合、キタムラというところで1枚30円で
頼んでいたので、しまうまプリントは今回が初めて。

注文メニューからプロ仕上げを選んで、画像をアップロードします。

「画像を選択」というボタンがあるので、それをクリックして、
画像の保存先を選び、写真を選択します。

写真をアップロードするのに少々時間がかかって面倒に感じましたが、
注文する写真をあらかじめフォルダとかにまとめておけば、簡単なのかも。

注文方法自体は難しくないです。

注文してから、商品が届いた翌々日。
メール便だともっと時間かかるかと思いましたが、意外と早かった♪

shimaumaprint1.jpg

写真はトレーに入っていて、折り曲げられないようになっていたし、
防水もしっかりされています。

肝心の写真ですが・・・。

パっと見た感じ、そんなにキレイって感じでもないんですけど、
撮ったのが自分だし、このお値段ならいいのかな?って感じです。

写真に詳しい方だとどう思うのかわかりませんが・・・。

旦那も「まあ、いいんじゃない?」って言っていました。

それにしても、5円だとどんな感じなんだろう?

1枚30円で現像するのに比べれば格安なので、
次回もしまうまプリントで現像するかもしれないです。

以上、しまうまプリントの口コミ・感想でした。

確定申告の時期ですね。

私も昨日、一昨日でやっと終わらせました。(まだ郵送してないけど。)

いままで、紙に手書きでしていたのですが、初めて国税局ホームページのコーナーで作成してみましたよ。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

(ちなみに青色です。)

最初の現金主義かどうかっていうので止まってしまったけど、現金主義じゃないよね??という結論をだして(ほんと素人。^^;)作成にとりかかりました。

まあ、毎年同じような感じなので、昨年分の控えをひっぱりだし、それを見つつ、作成。

手書きのように同じ項目の数字を他の用紙にもまた書かなければならないということがなく、自動で反映される点がとっても楽チン!

あっという間にできました♪

ただ、印刷しようとしたら、どうも数字がずれてる・・・。というかはみ出してる。

プレビューで見てるからはみ出してるだけで、印刷したらいいのかな?と思い印刷してみたらやっぱりはみ出してる。

(まあ、プレビューでそうなんだから、印刷してもいっしょですよね。^^;)

で、調べてみると、どうもFireFoxだとダメみたいで、IE(インターネットエクスプローラー)ならうまくいくらしい、ということがわかりました。

そこで、一旦データを保存し、IEで国税局にアクセスし、作成コーナーで保存データを呼び出して再度トライ。

するときれいに数字もおさまって印刷できました。

めでたし、めでたし♪

ハンコは2箇所でいいんだよね??と思いつつ、とりあえず、封筒にしまいました。

明日、投かんすれば完了です♪バンザーイ!

いつも、ギリギリになってまとめてやるからダメなんですよね。

毎年、反省しつつ今年度も同じことをやっちゃいました。

あ、ちなみに、国税局のホームページで確定申告書を作成すると翌年から用紙が送られてこないらしいです。

後で知ったけど。エコではあるけど、それはそれでなんとなく不安なような?

忘れたらどうしよう?

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。