発達障害と性格の境目?

| コメント(0)

今日は学校の相談室に行ってきました。(このブログを何度か見られた方はご存じでしょうが、月1回のペースでいっています。)

この1カ月で気になっていた点を先生に聞いてみました。

ひとつはコレ→http://www.yuyuit211.com/2013/01/06/post-255/>

以前、どうなんだろうと思ったことですが。

相談室の先生が他の生徒の描いた絵を見せてくれました。
それを見てみると、生徒によってかなり差があるように見えました。

上手な子は上手だし、そうでない子も。
色は塗っている子もいるし、塗っていない子もいましたが、白黒で塗っている子はいませんでした。

今の段階では、息子が発達障害の特性から白黒でぬったのか、それとは関係なくこの年頃の子どもは白黒で塗るものなのか判断しかねると思いました。
高学年になっても今の状態が続くならやはり特性なのかもしれません。

それから、3学期の始業式の朝、宿題のプリント2枚と冬休みの過ごし方のプリント(合計3枚)が
ホッチキスで止めてあったので、息子が寝た後「冬休みの過ごし方はもういらないでしょう?」と
私がはずしてしまったのですが、朝一応「はずしたよ」というと息子はパニックに・・・。

「全部出さなんだったらどうするん?!」と言うので
「冬休みの過ごし方のプリントも持って行って、言われたら出せばいいじゃない?」と言うと、
「ホッチキスはずれてるから怒られたらどうするん?!」と息子。
「お母さんがはずしましたって言えば?」と私。
「人のせいにするなって言われたらどうするん?!」と息子。
「先生はそんなこと言わないよ。全然心配するようなことじゃないって、大丈夫だって。」と私。

しかし、息子は納得しません。

「じゃあ、ホッチキスで止めてあげるから。それならいいでしょう?」と言うと
「はずさんといかんだったらどうするん?!」と息子。
「はずして出せばいいじゃない。簡単にとれるよ。」と言うと
「はずしたことないもん。はずしきらん!」と息子。

はずして持っていくのも、ホッチキスでとめて持っていくのも不安な息子は、パニクって半泣き・・・。

どんなになだめても、どちらとも決められず、泣く息子を見ながら私も旦那も途方に暮れてしまいました。

結局、学校に行く時間になったので、無理やり外に出したところ、
登校班の子が来て「泣いてるの?」と言われたものだから、しぶしぶ黙って学校に行きました。

これも担任の先生に話したのですが、「特性というより性格じゃないですか?」と言われてしまいました。

で、相談室の先生に「発達障害の特性と性格の境目って何ですか?性格って言われてしまえばそれまでなんですけど、それで片付けられるにはあまりにも家では大変なことになってるんですけど。」
と言いました。

相談室の先生が言うには、「性格と言えば性格とも言えますけど、難しいですね。
特性かどうかっていうのは、結局、その部分が強くですぎて、社会で生活をしていく上で本人が困ったり、支障がでたりする場合に特性と言えるんですよね。
なので、今回の件も家庭での状態を見るなら特性といえると私は思いますけど。」との回答でした。

性格と特性の境目って難しいんでしょうけど、
あんなにパニックになってるのに性格で片付けられてもこっちとしては微妙なんですよね・・・。

それから、前回の相談室で話していて気になっていたことがあったので、その件についても聞きました。

あいまいな選択肢(たとえば「この宿題の絵は書いてもいいし、書かなくてもいいよ。」みたいな)
を与えられると、決められずによくパニックを起こしてしまうのですが、
2年生まではそんなことはあまりなかったのに、3年になってから頻発しているという話をした時、
相談室の先生から「そりゃあ、学年が上がれば細かい指示はしなくなりますから、当然です。」
みたいなことを言われてしまいました。

で、その時は具体策みたいなことは全く話がなくて終わったので、
「じゃあ、それって自分のほうで対策しなければならないってこと?
学校側に"指示は具体的にしてください"とは言えないってこと?」
と思ってしまったんですよね。

それで、今日行った時に「担任に指示を具体的に出してくれるようお願いしてもいいんですか?」
って聞くと「もちろんそうしてください。私のほうからも次の担任の先生に伝えておきます。」
と言われたので一安心。

ただ、実際には100%具体的な指示がでるとは限らないので、もし家でパニックになった時は
結局、友達に電話で聞くか、先生に電話で聞くかしかありません。

うちの子の場合は、選択肢のどちらかを選ぶということができないので・・・。

でも、いずれはどうにか選べるようになってほしいんですよね。

小さい頃はお菓子でどちらを食べるか選べずにグズることがありましたが、
今は多少時間はかかっても決めることができます。

なので、時間がたてばその他の選択もどうにかできるようになるんじゃないかと・・・。

もう3学期になりました。
春には4年生。

実年齢と言動のギャップが次第に大きくなってきているように感じる今日この頃。
彼はどんな4年生になるのかな・・・。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2013年1月28日 13:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パンスターズ彗星とアイソン彗星 最大級の天体ショー 2013年3月と12月に!」です。

次のブログ記事は「パソコンによる肩こり解消ストレッチ方法 猫背の人必見」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。