ノロウイルスの予防策 自宅で作れる消毒液の作り方

| コメント(0)

ノロウイルスが流行っているみたいですね。

先日、小児科に行った時も流行ってるから手洗いうがいをしっかりして下さいって
看護師さんから言われました。

ノロウイルスの症状としては、感染して1日~2日で
嘔吐や下痢、腹痛、発熱などの症状がでます。

その症状から一般的には「嘔吐下痢」ってよく言われています。
(ちなみに、ロタウイルスも同じく嘔吐下痢って言われますね。)

高齢者や乳幼児は期間に嘔吐物を詰まらせることや
脱水症状が起きることがありますので、特に注意が必要です。

一度に水分をとると吐く可能性があるため、水分は少しずつとるようにしてください。
嘔吐下痢の時に飲む経口補水の作り方は以前の記事で紹介しています。↓
http://www.yuyuit211.com/2012/07/21/post-202/

感染力はかなり強く、人への接触で感染するのはもちろん、
ウイルスがついたドアノブ、便座、食品、床などに触れることでもうつります。

しかも、本人の症状が治まっても、1週間~1ヶ月くらいは
ウイルスが出ているため、周囲の人は注意しておかなければなりません。

うちの子がかかった時は、他の家族も全員うつってしまいました・・・。^^;
ノロウイルス、恐るべし・・・。

予防策は以下のようなものがあります。

  1. 石けんでの手洗い(2度洗い)
  2. 調理時は食品を85度以上で1分以上の加熱をし、中までしっかり火をとおす
  3. 調理器具の洗浄・殺菌(85度以上の根当で1分以上加熱、もしくは塩素系漂白剤10分以上消毒)

もし、家庭でノロウイルスに感染した人が出た場合は、感染拡大を防ぐため
次のような処置を行いましょう。

  1. 嘔吐物や便がついた便器、ドアノブ等は使い捨ての手袋やマスクなどをして、85度以上で1分以上の熱消毒、もしくは塩素系漂白剤(次亜鉛素酸ナトリウム)で消毒。
  2. 嘔吐物や便を拭くのに使用したティッシュ、おむつは塩素系漂白剤を入れたビニールに入れ、密封して捨てる。
  3. 処理中と処理後は換気する。
  4. 嘔吐物や便のついたシーツや衣類は下洗いをしてから85度以上で1分以上熱消毒、または塩素系漂白剤で消毒。
  5. 4が無理な場合(例えばカーペットなど)はしっかり乾燥させた後に、スチームアイロンを2分以上あてる。

ノロウイルスはアルコール消毒しても効果がないため、
嘔吐物や便がついた床や衣類、トイレを消毒する場合
次に紹介する消毒液を作って使用すると効果的です。

◆嘔吐物や便がついた床や衣類、トイレを消毒する場合の消毒液の作り方

<用意するもの>
500mlのペットボトル、家庭用塩素系漂白剤、水

<作り方>
500mlのペットボトルに半分くらい水を入れておき、さらに
家庭用塩素系漂白剤をペットボトルのキャップ2杯分を加える。
その後500mlになるように水を加えて出来上がり。

※感染者の触ったものを消毒する場合は、2リットルのペットボトルに
キャップ2杯分と水を合わせて作る。


ノロウイルスは感染すると本当に大変です!

特に小さい子どもはのどがかわいているのに、一度に水分を取らせられないので、本当にかわいそう。

感染しないように、また、感染しても他の人にうつらないように気をつけたいものです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年11月26日 08:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「発達障害があることをいつ告知するか? 発達障害の子どもの支援」です。

次のブログ記事は「サンタクロースは実在するのか?を説明するのに良いサイトがありました♪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。