あおし柿の作り方 おいしくできました♪

| コメント(0)

義母から渋柿を2袋もらって、あおし柿の作り方を教えてもらったので、作ってみました。

初めてだったけど、簡単においしくできたので、
今日はその作り方を紹介しますね♪

aosikaki.jpg

①まず、渋柿を1袋用意します。(食べたいだけ準備してください。)

②お椀などの器に焼酎を入れ、渋柿のへたの部分をちょんちょんと焼酎につけます。

へたの葉っぱの部分は取り除いても、取り除かなくてもどちらでもいいそうです。
(ちなみに、私はちょっとむしりましたけど。)

③へたを焼酎につけたら透明の大きなビニール袋に入れ、
 全部袋に入れ終わったら、お椀に入っている残りの焼酎も
 ビニールに一緒に入れます。

ビニールが薄い場合は破れないように、2枚くらい重ねたほうがよいかもしれません。

⑤ビニールの口は、大きなゴムかひもなどでしっかり結んで密封します。

⑥あとは、天気のいい日、日中、日当たりのよいところに出しておき、
 夕方になったら部屋にとりこむ、というのを繰り返します。

夕方、とりこんだ柿は毛布などでくるんでおいてください。
(日光にあたって柿が温まっているので、毛布に包んで保温するんですって。)

天気がよくない日が続く場合は、こたつの中に入れても良いのだそうです。

1週間くらいであおし柿の完成♪

ただ、天候や温度で出来具合が違ってきますので、
1週間くらいたって食べてみて、渋い場合はもう何日か待ってみてください。

ちなみに、私が作った時は天気が悪くて、しかもこたつもないので、
毛布にただくるんでいるだけの日も多かったです。

でも、8日くらいでできました♪

あおし柿は簡単にできておいしいので、ぜひ試してみてくださいね♪

ちなみに、食べる頃にはアルコールはとんでるので、
お酒が飲めない人も問題なく食べられますよ。
(私は全然飲めないけど大丈夫でした。)

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年11月18日 20:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「水イボの治療方法 水イボは放置していても治るのか?」です。

次のブログ記事は「親が楽しんでいることに子どもは興味を持つ 発達障害の子どもの支援」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。