指しゃぶりが歯並びに与える影響 何歳になったらやめさせるべき?

| コメント(0)

赤ちゃんの頃から幼少期にかけて指しゃぶりをする子どもは多いですが、
歯並びに影響がでるのでは?と心配するお母さんも多いと思います。

一体、何歳までなら指しゃぶりをさせていてよいのでしょう?
何歳になったらやめさせたほうがよいのでしょうか?

指しゃぶりについて読売新聞に記事があったのでシェアしたいと思います。

指しゃぶりは歯並びに影響するのか?というと、やはり影響はあるみたいです。

出っ歯や開咬(かいこう)、交叉咬合(こうさこうごう)などの原因になるそうですよ。

開咬(かいこう)とは、前歯に隙間が開く症状で、
この隙間に舌をいれるようになると発音に影響するそうです。

また、交叉咬合(こうさこうごう)は、指しゃぶりで吸う力が強いと
上あごが狭くなり、奥歯の噛み合わせが左右で異なる症状です。

出っ歯になるということは知っていましたが、
開咬(かいこう)、交叉咬合(こうさこうごう)という異常も起きるなんて
知らなかったです。

出っ歯と開咬は3~4歳までに指しゃぶりをやめて、
舌をつきだしたり、口が開けっ放しになるのをやめさせられれば
自然に治ることがあるのだそうです。

でも、交叉咬合(こうさこうごう)に関しては、残念ながら、
自然に治るものではなく、嚙み合わせがわるいことによって
顔のゆがみなどの影響もでてくるのだとか・・・。

場合によっては矯正が必要になったりするのですって。

そうなると大変ですね・・・。

その前になんとか指しゃぶりをやめさせたいものです。

ただ、赤ちゃんや小さい子が指しゃぶりをするのはよくあることで、
(うちの子も指しゃぶりしまくりです。^^;)
一体、いつからやめさせるようにすべきなのか?疑問ですよね。

小児科医と小児歯科医で組織する委員会は
3歳ごろまでは禁止する必要はないのだそうです。

ということは、4歳には指しゃぶりを完全にやめさせるべきってことでしょうか?

やめさせるためには無理にやめさせるのは好ましくなく、
子どもに「歯にとってよくない」ということを教えてあげるのが良いそうです。

「シアーズ博士のベビーブック」という本に書かれていたのですが、
子どもにガミガミ言うとよけい気になって指しゃぶりをしてしまうので、

指しゃぶりしていたら、手を使う遊びを一緒にしてみたり、
寝る時は、抱っこして寝れる大きなぬいぐるみを持たせたり、
寝ている最中に様子を見にいって、指しゃぶりしていたら指をはずす、

といったことが必要なのだそうです。

歯は一生必要なものですし、歯並びは体全体に影響を及ぼす
といいますから、ここは親としてもがんばりどころです。

指しゃぶりは年齢に応じた対応が必要だそうなので、
もし、3歳すぎても指しゃぶりがやめられない場合は
早めに小児歯科で相談したほうがよいそうですよ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年9月13日 13:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「正しい鉛筆の持ち方は? 削った先から2.5ミリに人差し指・・・」です。

次のブログ記事は「ポリオ不活化ワクチン 定期予防接種開始 回数やスケジュールは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。