唾液で若返る 成長ホルモン「パロチン」とは?

| コメント(0)

唾液には成長ホルモンの一種である「パロチン」が含まれています。

唾液に成長ホルモンなんて、ご存じでした?

私も最近知ったんですけど、それ以来、次男(赤ちゃん)がダラダラよだれを
流しながら私の方へ嬉々としてハイハイしてくるのを見ると
成長してるんだね~なんて思ってしまいます。(笑)

成長ホルモンといえば若返りですよね♪

ということは、唾液をどんどん出せばアンチエイジングになるということ?

年齢とともにパロチンの量は減少るそうなのですが、
出さないより出したほうがいいに決まっています!

唾液には消化の他に、口内の洗浄や殺菌作用もあるため、
歯周病や口臭予防にも役立ちます。

さて、唾液をだしためにはどうすればいいか?ですが、
それは、とにかく噛むこと!

ガムを噛むのは簡単なのでおすすめです。

以前、紹介しましたが、ガムを噛むと抗重力筋に緊張をあたえて見た目を
しゃきっとしてくれる「セロトニン」が分泌されます。↓

http://www.yuyuit211.com/2012/05/11/post-89/

ガムを噛むだけで、
パロチン(成長ホルモン)によるアンチエイジング、
口内のアンチエイジング、
セロトニンによるアンチエイジング、
こんなうれしい効果が期待できるんですよ♪

唾液の分泌に関しては、酸っぱいものを食べるのも効果的です。

また、ローヤルゼリーにはパロチンと似た物質が入っているそうですよ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年7月24日 15:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「家庭の電気料金の値上げ対策 一番電気を消費している家電は?!」です。

次のブログ記事は「いじめ問題に対応しない学校は他にも! 読売新聞に寄せられた声」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。