食物アレルギーの改善 経口免疫療法とは?

| コメント(0)

食物アレルギーの子どもが増えていますが、
その治療方法として「経口免疫療法」という治療があります。

経口免疫療法とは、アレルギーの原因となっている食物を
少量ずつ食べて体に慣れさせていき、最終的には目標量まで
増やしていくという治療法です。

食物アレルギーがあると、学校の給食で食べられないものがあったり、
うかつに外食もすることができませんから、
できるだけ早くアレルギー食品も食べられるようになりたいと思うのは当然です。

今までアレルギの原因物質に体が耐えられるようになるのを
待つしかなかったのに対して、この治療法は積極的であり、
早期に治したいと思う人にとっては救いともなるでしょう。

しかし、この治療法は完全に確立されているわけではなく、
リスクも伴います。

この経口免疫療法を入院して行うことで、食べられるようになった人もいますが、
一度食べられるよういになっても、しばらく食べてない時や、
体調不良時、運動時に症状がでるということもあるそうです。

実際に治療を受けた子どものお母さんの言葉が読売新聞にのっていましが、
「簡単ではなく、ストレスも大きい」と書かれていました。

経口免疫療法は現在研究中の段階で、
入院により治療を受けた人では、アトピーの悪化などの他、
ショックなど重度の副作用が出た人もいるそうです。

重度の副作用がでるとなると、親としては治療をうけるかどうか
難しいところです。

もし、受ける場合はリスクもあるということを知り、
その上で実績がある医療機関を慎重に選ぶ必要があると思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年7月18日 06:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「男女産み分け タイへ渡航した日本人90組 タイの着床前診断の実態」です。

次のブログ記事は「飛び級で大学に入れる早期卒業制度ってどうなの??」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。