子宮と卵巣の衰えをチェックしてみよう

| コメント(0)

子宮と卵巣の下り坂は35歳という記事をオレンジページのムック本「からだの本」で読みました。

子宮と卵巣の衰えは生理期間が短くなったり、経血量の減少などがサインだそうです。

チェック項目があったので、チェックしてみました。

・経血量が少なくなった
・生理の日数が短くなった
・生理前に落ち込むようになった
・生理痛がひどくなった
・避妊していないのに妊娠しない
・生理周期が乱れてきた
・性欲がわかない
・爪が割れやすい
・白髪が生えてきた

チェックが1~2個はそろそろ下り坂にさしかかったところ
チェックが3~6個は下り坂ど真ん中。加速する恐れが
チャックが7~9個は下り坂のかなり↓のほうにいる可能性が

爪が割れやすいとか白髪が生えてきたっていうのも関係するんですね。

白髪は最近あきらめてましたけど、爪が弱くなったっていうのはすごく気になっていたんです・・・。

子宮や卵巣の衰えを感じた場合、睡眠をしっかりとったり、
おなかや足首を冷やさない、
冷たいものを摂らないなどのケアが必要だそうです。

体を冷やすことがNGなんですね。

ここ数日冷やしまくりですけど・・・。^^;

最近、朝起きると足首が痛かたので、
きちんと布団かけて温めて寝たら翌朝は痛くなかったんですけど
冷えと関係あったのかな??

そもそも、日本人は冷たいものを飲み過ぎだと中国人は言いますよね。

私も秋になると体調くずして寝込むことが多いのですけど、
整体の先生に言わせると「夏に冷たいものをとりすぎて、内臓が疲れてる」んだそうです。

施術の後は季節を問わず必ず温かいブレンド茶を出してくれますよ。

私も最近冷たいものばかり飲んでますけど、やっぱりNGですよね。^^;

きっちりケアしていかないと、更年期にも影響するみたいなので、
気をつけなくちゃいけませんね。

先のチェック項目で当てはまる項目が多かった人は
体をあたためる生活に切り替えたほうがいいですよ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年7月13日 05:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不妊治療着床前診断の実施について 批判もあるけど・・・」です。

次のブログ記事は「災害時、子どもを連れての避難 注意点は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。