骨盤のねじれを矯正するエクササイズ

| コメント(0)

骨盤のねじれを矯正するエクササイズです。
四角くたるんだヒップを丸みのある小尻にする効果があります。

イスに座る時、足を組むクセがある人は骨盤がねじれている可能性があるので、実践してみてください。

左右のヒップの高さが違うという人にも有効なので試してみてくださいね。

今回は息子の仮面ライダーのおもちゃで説明させていただきます。
こんな格好させてごめんなさい。^^;

まず、うつぶせに寝ます。手は顔の下で組んでOKです。

両足の膝はくっつけておきます。

片方の膝を90度に曲げ、つま先を床の方にそらし、アキレス腱を伸ばします。

この時、逆の脚はまっすぐ伸ばした状態です。

NCM_0026.JPG

曲げた方の脚をその状態のまま外側に勢いよく倒します。
(逆側の腰が浮くくらいの感じで)

NCM_0028.JPG

曲げた状態で倒した脚を真上に持ち上げそのまま5秒キープします。
(この時、脚が開かないように注意)

NCM_0029.JPG

終わったら逆の脚で同じことをします。

これを3セット繰り返してください。

やりにくいと感じたほうの脚は回数を増やしてやると、段々ゆがみがとれてスムーズにできるようになります。

実際やってみたのですが、外側に倒すのがスムーズにできないんですよね・・・。(汗)

まあ、完全に床につけるっていうのはできなくてもいいんじゃないかと思いますけど。

脚を持ちあげた時はヒップの筋肉も鍛えられてるような感じがしました。
筋トレじゃないんでしょうけど・・・。

短時間でできるし、きつい運動ではないので、ごろ寝してテレビ見てる時なんかでもできると思いますよ。

お試しあれ~。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年7月10日 11:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビタミンCの効果的な摂り方 ビタミンCの1日の摂取量は?サプリと食品どっちがいいの?」です。

次のブログ記事は「ハートネットTⅤ(NHK)の発達障害の母親の子育てを見て」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。