ビタミンC誘導体の種類 水溶性・油溶性の特徴

| コメント(0)

ビタミンCといえば、美白効果やコラーゲンを増やす効果、
活性酸素の除去など、美肌に欠かせない成分として知られています。

しかし、化粧水にはたいていビタミンC誘導体という形で配合されています。

なぜ誘導体なのかというと、ビタミンCはそのままだと浸透しにくく、酸化しやすいという性質があるからなんです。

それらの弱点を補い、お肌の中でビタミンCとなって働いてくれるのがビタミンC誘導体です。

成分名はリン酸アスコルビルナトリウム、リン酸アスコルビルマグネシウムなどとなっています。

ビタミンC誘導体はよく知られた成分ですが、水溶性と油溶性があるというのはご存じでしたか?

水溶性のほうは、お肌に吸収されやすく即効性がありますがお肌が乾燥しやすくなり刺激もあります。
なので、水溶性ビタミンCは必ず保湿効果のある化粧水などと一緒に使うようにしたほうがよいです。

それに対して、油溶性のほうは低刺激で、持続性がありますが、分子量が大きくお肌に吸収されにくいのが難点。
濃度のパーセンテージが表示されていてもその6分の1しか吸収されないんですって。

一長一短ですね。

ビタミンC誘導体でより効果を期待するなら、浸透力が従来の10~100倍というAPPSや持続性がある水溶性のビタミンCエチルなど、新しい成分もあるので、それらが入った化粧品を試してみるとよいです。

また、イオン導入美顔器などを併用するのもおすすめです。

ビタミンCにはシミの原因となるチロシナーゼという酵素の働きを抑制し、
シミをができるのを防いでくれる働きがありますが、それだけでなく、
できてしまったシミを薄くしてくれる効果もあります。

食べ物やサプリメントで体内に取り入れたり、化粧品でお肌に直接取り込んだりして、
今からの季節積極的にとりいれたい美肌成分のひとつですね。^^

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年7月 9日 02:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お尻のたるみを解消するマッサージ方法」です。

次のブログ記事は「CACシャンプーのレビュー(感想)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。