紫外線によるシミをつくらないために 日焼けしたらその日から3日間のケアが重要!

| コメント(0)

紫外線が強い季節がやってきましたが、紫外線対策はきちんとしてますか?
今は梅雨で天気が悪いことが多いですが、曇りの時も紫外線は降り注いでるので注意ですよ。

さて、ついつい紫外線対策を怠ったために日焼けしてしまった・・・
そんな経験がある人も多いと思うのですが、シミをつくらないために日焼けした日から3日間
集中的にケアすることでシミができるのを防ぐことができるそうです。

オレンジページのムック本「からだの本」にのっていたのですが、
メラニン生成に関わるチロシナーゼという酵素は、紫外線を浴びた日から数えて3日目以降に増加するんですって。

だから、日焼けしたらその日から2日間で美白化粧品や美白シートパックなどをしてケアし、
3日目以降に古い角質を除去するピーリングや酵素洗顔などをし、
さらに3日間は睡眠をしっかりとるといいそうです。

日焼けしたら3日間で肌をリセットできるなんて知らなかったです。

美白成分といえば、代表的なものとしてビタミンCがありますが、
イオン導入美顔器などを使うのもいいかもですね。

ただ、イオン導入も電気刺激なのでお肌の弱い人が日焼けした肌に
使うのは注意が必要かも?

そういう場合はビタミンC誘導体のほうがいいかもしれませんね。

ビタミンC誘導体なら塗るだけでイオン導入しなくても浸透しますから。

ただ、ビタミンCはお肌を乾燥させてしまうので、
保湿化粧品でしっかり保湿することもお忘れなく。

他にもチロシナーゼの働きをおさえる効果のあるアルブチンもおすすめ。

睡眠は健康にはもちろん、美肌作りにも重要です。

肌の修復や再生を促す成長ホルモンがしっかり分泌されるよう
最低でも12時から朝6時までは睡眠をとるように心がけましょうね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年7月 4日 20:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フェイスブックが離婚の原因に? 英では33%の夫婦がフェイスブックによる離婚」です。

次のブログ記事は「子どもの意欲を引き出す 見守り保育 これってスゴイ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。