支援学級か通常学級かどちらがいい? 発達障害の子どもの支援

| コメント(0)

発達障害のある子どもを持つ親は、子どもを支援学級に入れるべきか、
通常学級に入れるべきか悩むと思います。

先日、発達障害の子どもがいる親の集まりがあったのですが、
そこでも、そういう話がありました。

うちの子が小学校に入学する時もすごく悩んだんですけど、
集団行動においては問題を起こさないううタイプだったので、
支援学級を当時担当していた先生から通常学級でいいのでは?
と言われ、通常学級に入れました。

うちの子の学校では支援学級にいくか通常学級にいくかは
年ごとに選択ができます。

なので、とりあえず通常学級で様子を見て、まずければ
2年からでも支援学級にいかせよう、ということだったんですよね。

最近、宿題など勉強の面でうまくいかないので、
このままで大丈夫なのか?って不安に思っているのですが、
先日の集まりで先生から次のような話を聞いてより不安になってしまいました。

「小学校の時、支援学級に入れて勉強の面などそれほど手答えを感じず、
"こんなだったら通常学級でもいいかな?"と思って、中学校では通常学級に
行かせる人もいるんですよ。
でも、そうしたら急に勉強についていけなくなって
3年になってどうにもならない状況に陥るケースもあるんですよ。」

うちの子どもも今はなんとかなっていても、これから勉強が難しくなっていったら、
ついていけなくなる可能性もあります。
そうしたら支援学級も視野に入れなければならないかもしれないです。

その見極めって難しいですね・・・。

学校の先生と常に連絡をとって、子どもの様子を把握しておくことが
大事だと思います。

先日の集まりでは、療育センターの担当の人から通常学級のほうを
勧められたお母さんがいて、通常学級では十分な対応がなされないのでは?
という心配を抱えていらっしゃいました。

「おとなしいタイプ、目立たないタイプの子どもだと授業の邪魔にもならないから
対応されないですよね。」と先生。

うちの子そうなんだよね。(苦笑)

そうなると、親のほうから学校の先生に働きかけていかないと、
本当にスルーされてしまいます。^^;

支援学級に行くことでより手厚い支援が受けられるようになりますが、
集団の中での生活を体験する機会が少なくなってしまいます。

なので、一番いいのは通級クラスがあって、
支援学級と通常学級を行き来できる環境があることですよね。

そうなると選択肢が広がると思います。

でも、通級がある学校とない学校があり、
ない学校に通級クラスを作ってもらうのは、けっこう難しい・・・。

校長先生が協力的だと、親から働きかければできる可能性もあるっても
聞きましたけど。

支援学級か通常学級かその選択って本当に難しいです。

だって、それでよかったかどうかなんて、
だいぶ後になってからでないとわからないんですから・・・。

病院の先生や保育園・幼稚園の先生、学校の先生
などと相談して親が結論を出すしかないですけど、
もし通常学級に行かせていて、このままではまずいと思ったら
支援学級に行かせるようにするといった決断をすることも大事だと思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年6月28日 16:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「糖尿病はストレスが原因?」です。

次のブログ記事は「正しい答えを書かないと気が済まない アスペルガー症候群の息子のこだわり 解決策?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。