正しい答えを書かなければ気が済まない・・・ アスペルガー症候群の息子のこだわり

| コメント(0)

昨夜は息子の国語の宿題にかなり振り回されました・・・。

アスペルガー症候群の子どもは国語が苦手な子が多いそうですが、
うちも例外ではありません。

ある問題がわからず、そこから進まずにかんしゃく・・・。

解き方を教えても理解ができず、わからないのならわからないで空欄にしておくか、わからないなりの答えを書いておけばいいのに、そう言っても受け入れてくれません。

正しい答えを書かなければ気がすまない息子。

「間違ってもいいじゃない。」「間違ったほうが覚えるんだよ。」と言ってもだめ。

私の昔のテストを持ってきて「こんなに間違ってるんだよ。でも、全然恥ずかしくなんてなかったよ。」と話しても効果なし。

間違うのは嫌、きちんとやらなければ気が済まない、これは彼の特徴です。

最終的には寝転んでグダグダ言うばかり・・・。

旦那も私も、遊びにきていた母もお手上げ。

時間は1時間は経過したでしょうか?

結局、そのままいじけて風呂にも入らずリビングの床の上で寝てしまいました。

みんなグッタリです・・・。

どうすればいいんだろうね・・・。

以前にも病院で先生に相談したことがありますが、
その都度根気よく教えていくことだと言われました。

でも、これからどんどん勉強が難しくなっていくので、
もっと具体的な方法をとらなければ、対応できなくなってしまいます。

旦那と話していて、
ポイント制で、わからない問題を空欄にして全部やったら1ポイント、
わからないけどとりあえず答えを書けたら2ポイントなどとしようか?
という案がでました。

でも、逆にポイントがほしいために、
わからない・でも答えを書いてポイントをもらいたい、というジレンマが
おこりそうな気もするので、それもどうなんだろう?って結論は出らず。

来月、学校で相談員の先生と面談があるし、
8月には病院の予約もとれたので、もう少し具体策を相談したいと思います。

国語は特に苦手なんですが、
先日、相談員の先生から算数についても、

「今はいいかもしれませんが、そのうち分数の割り算、
たとえば3÷1/3のようなものが出てきた時、
1/3で割るということが理解できなかったりするかもしれませんね。」

と言われ、学習に対する不安も大きくなってしまいました。

もし、同じような特徴のあるお子さんがいらっしゃる方で
いいやり方をご存じの方がいらっしゃったらぜひコメントいただきたいです。
よろしくお願いいたします。m(_ _)m

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年6月27日 18:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ラ・プレリー フォースインテンシブナイトってどうなの?」です。

次のブログ記事は「梅雨時期のお弁当が傷まないようにする方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。