地震保険に入るべきか? 地震保険に入るメリットは?

| コメント(0)

東日本大震災で大きな被害がでて以来、地震保険への問い合わせや、
地震保険に加入する人が急激に増えているそうです。

でも、地震保険に入る意味があるのか?入るべきなのか?

雑誌プレジデントファミリーで地震保険についてファイナンシャルプランナーの藤川太さんによる記事がありました。

地震保険は火災保険の半額しか入れないから、もし地震の被害で家が壊れても、前のとおりの家を建てることは不可能。

でも、藤川さんは実際に被災地を見て、地震保険に加入することの必要性を感じたそうです。

地震保険に入っていればある程度まとまったお金が入ってくるので、
生活を再スタートさせることが早くできるが、貯金や保険金がない場合は
行政が手をさしのべてくれるのを待つしかなく、
避難所での生活が長くなってしまうのということでした。

地震保険に入っていれば前のような家を建てられないとしても、生活再建のスピードが圧倒的に違うのだそうです。

確かにそれはそうかもしれません・・・。

お金がなければ新しく生活をやりなおすことは困難ですよね。

保険料がかかるのは負担ではありますが、万が一地震の被害にあった時にはそれ以上のメリットが地震保険にはあるということです。

ところで、地震保険の補償についてですが、
地震保険はそれ単体で入ることはできず、火災保険に付随して加入するものです。

契約保険金は火災保険の契約金の30%~50%までで、
建物は最高5000万円、家財は最高1000万円までです。

もし、災害にあった場合、以下の保険金が支払われます。
全損(建物時価の50%以上の損害など)で100%
半損(建物時価の20%~50%未満の損害など)で50%
一部損(建物時価の3%~20%未満の損害など)で5%

全損なら1500万の保険の場合100%で1500万の補償ですが、
一部損の場合5%で75万円です。

5%ととかだときついですね・・・。

津波などにあった場合、実際には建物が残っても塩水に使ってしまってダメになってたりしますし、家が傾いたとしても、少しだったりすると一部損とみなされてしまったり。

でも、藤川さんの話からもわかるように、だからといってそれなら入らないほうがいいじゃないか、とも言えないですよね・・・。

地震保険の保険料は、地域や家屋の種類で決まり、保険会社はどこを選んでも変わりません。

非木造構造のほうが安く、保険金額100万円あたり、保険期間1年の
掛け金は、高いほうから
1690円、1050円、910円、650円、500円となっています。(県によって違います。)

また、木造構造のほうは、
3130円、3060円、1880円、2150円、1560円、1270円、1000円
となっています。(県によって違います。)

仮に地震保険で家屋が1500万、家財が500万の場合は
保険料が1000円の場合は、2000÷100×1000=20000円
という計算ですね。

大きな地震が今後再び起きる可能性は十分にあるので、
早めに備えておくことが大事でしょう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年6月26日 05:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ご褒美をあげる方法ってどうなの? 発達障害の子どもの支援」です。

次のブログ記事は「ラ・プレリー フォースインテンシブナイトってどうなの?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。