化粧品の値段と品質は比例するのか?

| コメント(0)

化粧品も価格はピンからキリまでありますよね。

1本数万もするような高い美容液なんかもありますけど、
実際のところ高ければそれだけ品質が良いものなのでしょうか?

化粧品に含まれている成分を見ていると、そんなにたいしたものは
入ってないみたいなのにやたら高いこともありますよね。

そういえば、以前、某基礎化粧品の会社が成分がほとんど水と安価な成分のみなのに、値段が高いって訴えられてたことがあったなぁ・・・。

ブランドの化粧品となるとブランド名が上乗せされてるっていうか、
ネームバリューで価格が高くなっていることもありますね。

ただ、化粧品の原料にもランクがあるらしく、
同じ成分でも浸透がいいとか悪いとか、安定性があるとかで違うらしいですよ。

なので、高い化粧品はもしかしたらそれなりにランクの高い原料を
使っているということも考えられます。

逆を言えば、安すぎる場合は原料のランクが低いとか、
配合されている割合がすごく少ないということが考えられますね。

化粧品は自分のお財布の中身とお肌の状態と総合的に考えて使ってみるしかないです。

口コミとか見ると同じ化粧品についても賛否両論だったりするので、
結局は使った本人のお肌に合うかどうか?
使ってみないとわからないってことです。

ただし、新しい化粧品を使う場合、お試しセットを使っただけで効果は正直わからないと思います。

なぜなら、お肌のターンオーバーは最短で28日、歳をとると年齢=ターンオーバーの日数っていいますから、最低でもそれくらいの間は使い続けてみないと本当の効果は実感できないと思います。

トライアルセットはお肌にあうかどうか心配とか、テクスチャーや香りなどつけた感じを試したいという場合に使ってみるもの。

トライアルセットを使いきったのに効果がなかった、っていうのは結論を出すには少し早いかもですよ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年6月11日 15:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子どもが朝の準備に時間がかかる場合に使えるテクニック キッチンタイマー」です。

次のブログ記事は「フィフローの効果ってどうなの?(化粧品の成分)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。