炭酸パックを手作りする時の注意点

| コメント(0)

自作の炭酸パックや炭酸洗顔など炭酸美容ライフを満喫する今日この頃。

お肌の調子も上々なのでやっぱり炭酸って肌によいかもです。

朝は炭酸水で洗顔。
(炭酸水素ナトリウムとクエン酸を小さじ1または小さじ2ずつ、
洗面器に入れ、適当に水をいれる。それでジャブジャブ洗う。)

炭酸水洗顔は洗顔料を炭酸水で泡立てるという方法もありますが、
私は上記の方法のほうが炭酸のシュワシュワ感が味わえる?ので・・・。

準備が多少面倒だけど、わざわざ市販の炭酸水を以前は買っていたのを考えるとなんて経済的!

それから夜は自作炭酸パック。

まだ、手持ちのジェル化粧品が残っているので、それに炭酸水素ナトリウムと
クエン酸を混ぜてますが、そろそろ無くなりそうなので、キサンタンガム買わなくては・・・。

そうそう!

この前、自作炭酸パックですごく痛い思いしたので、注意点を書いておきますね。

前回作った時は、炭酸水素ナトリウムやクエン酸の量に対し、ジェルの量を少なくしすぎたため、炭酸が強すぎて、顔がどうにかなってるんじゃないか?!ってくらい痛かったんです!

自作のためジェルっていうより泡になっちゃってて、垂れてくるんで、
まぶたがヒリヒリして目があけられない・・・。

それはそれは刺激的でした!

なので、炭酸パックを手作りする時は炭酸水素ナトリウムやクエン酸の入れすぎ注意です。

特に肌が弱い人は慎重に作りましょうね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年6月 9日 23:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鼻の毛穴の黒いポツポツって一体何?」です。

次のブログ記事は「父の日のギフト 人気ランキング 楽天での売れ筋は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。