ウルソル酸でコラーゲンを増やす

| コメント(0)

コラーゲンを補う化粧品は多いですが、自分でコラーゲンを生成できるようになれたらそちらがいいですよね。

お肌のコラーゲンを増やす成分というと、レチノールとかEGFとか、ビタミンCが
思い浮かぶんですけど、ウルソル酸(ウルソール酸)という成分もあります。

あまりなじみがない名前ですよね。

でも、ウルソル酸はビタミンCよりもコラーゲン生成促進作用があるといわれているそうです。

このウルソル酸はリンゴやローズマリー、ペパーミント、オレガノなどに含まれています。

ウルソル酸は香料としても化粧品などに配合されていますが、
このウルソル酸をメインにした化粧品はないのかな?って探したところ
トリニティーラインの「ナノカプセルU50」っていうのがありました。

ウルソル酸って融点が280度と高いので水や油にとかすのが難しいそうなんです。

なので、化粧品に配合して肌に浸透させるのも難しいわけです。

(だから、ウルソル酸の化粧品ってあまり見かけないのかもですね。)

トリニティーラインのナノカプセルU50はナノカプセル化することで、
肌肌に浸透させることに成功したのだとか。

効果のほどが気になったので、口コミを見たところ、
ほうれい線には効果いまいちみたいですけど、
小じわには効果を発揮してるみたい?

あと肌にハリや弾力がでたっていう人もいましたね。

コストパフォーマンスはいいみたいですよ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年5月31日 21:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペットボトルで表情筋トレーニング 実際にやってみると・・・うそでしょ?!」です。

次のブログ記事は「子どもへの質問の仕方 クローズドクエスチョン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。