国内での卵子提供

| コメント(0)

海外で卵子提供を受ける人が増える中、国内での卵子提供の実態はどうなのでしょう?

国内での卵子提供について読売新聞に記事がありました。

海外で卵子提供を受ける人は、不妊治療を続けても妊娠できなかった、
卵子提供者を国内で見つけられなかった、という事情があるようです。

国内の卵子提供について、
民間の不妊治療施設で作るART(ジスアート:日本生殖補助医療標準化機関)が
指針を出しているのですが、以下のような内容になっています。(読売新聞より)

・卵子を提供する女性は、「子どものいる原則として35歳未満の成人」

・卵子提供を受ける女性、「卵子がないか、6回以上の体外受精でも妊娠しないなど。
 加齢による不妊は除く。」

・産まれた子どもへの事実の告知、「幼少時より告知に努める」

・子どもが遺伝上の親を知る権利、「15歳以上なら、施設に開示請求できる」

しかし、親子関係を定める法律や遺伝上の親を知る権利などは日本の法律は
まだ整備されておらず、カルテなどの保管についても期間の規定などはないそうです。

卵子の提供者については日本では自分で探さなければならず、
姉妹間などでの提供がほとんどなのだそうです。

35歳以上という年齢制限や子どもがいることなどの条件もありますので、
たとえ姉妹がいたとしても卵子提供するのが難しいケースもあるでしょうね。

こうなると渡航して海外で卵子提供を受ける人も多いだろうな、と思います。

でも、海外で受けると多胎などのリスクもあります。

日本での卵子提供も以前は妊娠率をあげるために
複数の受精卵を体内にもどしていたため多胎になるケースがありました。

しかし、現在は日本産科婦人科学会が一度の治療で体内にもどす受精卵は
原則1個と見解を示したことで多胎は減っているそうです。

海外では複数の受精卵をもどすことが多く、
日本に帰ってから数を減らす手術をすることになる場合もあります。

そういったリスクを理解したうえで、卵子提供を受けることが大切ですね。

日本で卵子提供を受けた場合は医師が妊娠から出産まで一貫して
担当してくれる点が安心だと思います。

卵子提供は妊娠高血圧症候群などにもなりやすいため、
医師が最初から状況をしっかり把握していてくれれば、
リスクも軽減できるのではないでしょうか?

病院によっては妊娠・出産はもちろん、産後の育児などについての相談も
受けてくれているところもあるのだそうです。
(新聞で紹介されていたのは北九州市のセントマザー産婦人科医院でした。)

卵子提供の事実を子どもに告知するのなら、育児の上で悩むことや
問題がいろいろでてくるかもしれません。
そんな時に相談できる場所があるということは本当に心強いですよね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年5月29日 09:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「相談できる相手や場所がありますか? 発達障害の子どものいる親」です。

次のブログ記事は「皮膚のごわつきにピーリング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。