相談できる相手や場所がありますか? 発達障害の子どものいる親

| コメント(0)

発達障害のある子どもがいる親にとって相談する人や場所があるかどうか
ってすごく大事なことだと思います。

でも、友達など周囲の人に言うこともできず、自分の夫にも理解を得られない
そんなケースも少なくないと思います。

私も最初は相談する人もなく一人で悩んでいたのですが、
町の保健士さんが病院での検査を勧めてくださったり、
療育施設を紹介してくださったりしてくださいました。

そして、近所の保育園で発達障害の子どもを持つお母さんたちの
お話会が開かれていることを教えてくださったおかげで
一人で悩まず気軽に相談することができるようになりました。

専門知識のある方からアドバイスをもらうことは、
客観的に状況を分析してもらえるので、
自分の子どもに対する接し方の方向修正ができますし、
煮詰まっている自分に冷静さをとりもどすことができます。

先日のお話会でも、先生からアドバイスしてもらって、
療育の方針や気持ちの整理をすることができました。

「お母さんが話している以上にたぶん大変なんだろうと思います。」
って言ってもらえたことも、うれしかったです。

また、同じ悩みを持つお母さんたちとお話ができると、
自分だけじゃないんだなって思えて、少し気持ちが楽になります。

発達障害にはいろんなタイプがあるので、それぞれに
みなさん苦労されてるんだなって思います。

自分の子どもとは全く正反対の子どももいたりして、
この前も「うちの子と足して2でわるとちょうどいいですね。」なんて
話していました。

子どもの発達障害の程度が重い人や軽い人など
差があるので、できれば同じくらいのほうが話は合うとは思いますが、
いろんな集まりに参加していると見つかるとおもいます。

どこでそういう情報を得ればいいのかわからない場合は
まず、町などの保健士さんや、自治体の窓口に聞いてみるのが
よいと思います。

そして最初は不安かもしれませんけど、
とりあえず勉強会などがあれば参加してみることです。

行ってみてあわなければ次回行かなければいいだけのことですから
とりあえず色々参加してみてはどうでしょうか?

話せる人ができると、肩の力も抜けますよ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年5月27日 21:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「それでも焦らず一歩ずつ 発達障害の子どもへの対応」です。

次のブログ記事は「国内での卵子提供」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。