自分の言いたいことが言葉ではっきり言えない 発達障害の子ども

| コメント(0)

先日、発達障害の子どもを持つお母さん達のお話会に行ってきました。

近所の保育園が行ってくれているのですが、その保育園では先生方が
詳しく勉強されていて、実際に園でも熱心に取り組んでいらっしゃいます。

うちの子は小学生ですけど、保育園と関係なく参加できるんです。

産後しばらく参加していませんでしたが、久しぶりだったので、
ここ数カ月悩んでいたことを色々と相談しました。

うちの子はアスペルガー症候群という発達障害なのですが、
うちの子の特徴としては「言葉で考えを伝えるのが苦手」
「感情のコントロールが苦手」というところがあります。

言いたいことがあっても言葉で伝えず、「んー!んー!」と言いながら
足をバタバタさせたりすることがよくあります。

そして半泣き状態だったり、すごくイライラして怒っている状態だったり。

この前も同じように「んー!んー!」と言って地団駄踏んでいるので、
「何?言葉で言わないとわからないでしょ!?」と言っても
ずっとその状態。

私も旦那もお手上げ。

30分くらいそうやっていたでしょうか?

結局何がしたかったかって?

麦茶が飲みたかったんです・・・。

ぐったり・・・。

3年生なので飲みたければ自分で飲めばいいんですけど、
もう気持ちが「麦茶をついでもらって飲む」という方向に向くと
決して自分で注いで飲もうなんて気にはならないのです。

一言「麦茶飲みたい」って言ってもらえばそれで解決だったのですが、
なんなんでしょうね・・・。

言いたくないのか、うまく言えないのか、言わずともわかってほしいのか・・・。

感情が乱れると気持ちをうまく伝えられなくなるのかもしれません・・・。

最終的には冷蔵庫の方を目配せするので
「麦茶飲むの?」って聞いたことでわかったんですけど。

発達障害といっても、その子どもによって特徴はさまざま。

うちの子の場合は言葉ではっきり自分の考えを伝えられないのが
特徴で、日常生活の中でこの点が問題となることが多々あります。

学校でどうなのかよくわからないのですが、
先生たちは決まって「問題ありません」と言います。

もともと、外ではおとなしく、決まりは守るし、トラブルも起こさない、
ただ、自分の中に押し込めてしまうタイプなので、
問題ないと言われていても本当は本人が学校で困っていることは
しばしばあるのかもしれません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年5月27日 10:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「卵子提供のリスク」です。

次のブログ記事は「焦る気持ちと不安 発達障害の子どもへの対応」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。