自作炭酸パック 適当に作ってみたら?

| コメント(0)

最近読んだ本に、炭酸パックは医療現場でも皮膚疾患に
使ったりするって書いてあったので、
子どもにどうかな?と思って気になってました。

でも、買うとかなり高価だしなぁと思って、思い切って作ってみることに。

まあ、自分用に使ってみたいというのもあったので、
とりあえず自分用に自作で適当な炭酸パックを作ることに。

薬局でクエン酸と炭酸水素ナトリウムを購入。

自作炭酸パックについて書かれてる方のブログには
キサンタンガムというのを使うとジェルができるらしいのですが、
とりあえずなので、自分が持っている買ったけど使ってない
ジェル化粧品を代用してみることに。

クエン酸と炭酸水素ナトリウムを小さじ1づつ混ぜ、
そこにジェル化粧品を適当に混ぜ込みました。

本当に量は適当です。^^;

すると、シュワシュワーと泡立って、
ジェルの面影は全くなくなり、ただの泡状態??

お肌にのせてみると、すごい刺激!
スパークしてます~!!
うーん、なんだか効いてる気がする??

でも、あまり炭酸水素ナトリウムとクエン酸が溶けてなかったらしく、
顔の上でザラザラする・・・。

もはやただの泡なので、顔からダラダラ流れてくるのを
必死ですくいあげながら、待つこと数分。
(20分くらいするといいそうですが、無理でした。)

洗い流すと顔が真っ赤・・・。
これは血管拡張作用によるものらしいのだけど、
外出予定がある時はダメだな・・・。(しばらくすればひきますが)

血行がよくなったせいか、はたまたよく混じっていなかったせいか、
しばらくは微妙に顔がかゆかったです。

自作炭酸パックは子どもにはやめときます。^^;

やっぱり適当は危険ですよね。。。

今度は材料をきちんとそろえて、しっかり測ってやってみます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年5月25日 13:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ザ・リーダー・イン・ミー 力を合わせる ・自分をみがく」です。

次のブログ記事は「7ワクチン定期化 自治体との調整によっては難航の可能性」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。