保湿にはセラミドが効果大!

| コメント(0)

うるおいゲルクリームのことを前々回書きましたが、
その時セラミドについて触れたので、今日はもう少しセラミドの効果について
詳しく書こうと思います。

普通、保湿というと水分を与えればいいと思いがちですが、
化粧水をたくさんつけても水分はすぐに乾いてしまい、肌はうるおいません。

化粧水をして油分でフタをするのがオーソドックスなスキンケアですけど、
オイルなどの保湿力は私たちが思っているほど高くないんですって。

じゃあ、どうすれば保湿できるのか?ってなりますが、
強い保水力を持つセラミドを補うのが効果的なんです。

セラミドはその保湿力が最近注目されている成分ですが、
肌の角層の細胞間を埋めている脂質の一種です。

セラミドは角質細胞間脂質の中でも40%を占めていて、
セラミドが失われると角層にある水分は80%も失われ
肌が乾燥してしまうんです。恐ろしい・・・。

水分を保持する成分にはヒアルロン酸などもありますが、
保湿力としてはセラミドは最も効果的な成分だといわれています。

残念ながらセラミドは加齢とともに生産量が減ってしまい、
自力で生産することは困難なので、化粧品などで補う必要があります。

ちなみにセラミドはこんにゃくなどの食品にも含まれていますが、
食べ物から摂取してもセラミドは増えないそうです。

セラミドには馬や植物が原料の天然セラミドと、
人工的に作る合成セラミドなどの種類があります。

中でも天然セラミドはやはり浸透力が良いみたいなのですが、
簡単に作れないので化粧品としても高額になりやすいみたいです。

化粧水と乳液やクリームなどで毎日スキンケアをしているけど、
どうもお肌に潤いがないなって感じている人は一度セラミドの入った化粧品を
試してみてはいかがでしょう?

ただし、化粧水でもセラミド配合となっているものがありますが、
安価なものは少ししか入っていない場合があるみたいです。

(ちなみに化粧品の成分表示は配合量の多いものから順に、
成分名が表示されています。参考までに)

また、化粧水というのはほとんどが水分なので、
より効果を感じたい人はセラミドの美容液のほうが良いですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年5月13日 23:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「即効でお腹やせできる7秒トレーニング」です。

次のブログ記事は「調べ学習について思うこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。