金環日食 5月21日 173年ぶり! 観察の際の注意点

| コメント(0)

5月21日の朝、金環日食がありますね!
なんと173年ぶり!。

那覇では6時6分頃から、
鹿児島で6時12分頃から、
京都で6時17分頃から、
東京で6時19分頃から、
仙台で6時23分頃から、
札幌で6時33分頃から、
日食が始まるみたいですよ。

日食とは、太陽の前を月が通り過ぎる時に起こるのですが、
太陽のほうが月より大きくはみだして見える場合に
金環日食とよばれています。

太陽の一部分が隠れるのは部分日食、
全部隠れる時は皆既日食です。

今回、多くの地域で金環日食を見ることができますが、
金環日食でない地域でも部分日食が見れるそうです。

太陽を直接見ることは目によくないので、
日食観察専用メガネを使用し、カメラには専用のフィルターを使いましょう。

色のついた下敷き(※日食観察専用のものでない場合。)や
サングラスなどで見るのもやめましょう。

望遠鏡で見ることもとても危険なので絶対にやめてください。

子どもさんなど、よくわからずに直接見たり、
下敷きで見たりするかもしれないので、
事前にしっかり説明しておくほうがよいですね。

日食観察用メガネは先日、トイザらスにいった時にみかけました。
楽天などでも400円くらいで販売されていました。

今回の日食は朝早い時間なので、家族でみることができそうですね♪
楽しみです!

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年4月23日 10:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダイエットに効果的な痩せやすい睡眠時間」です。

次のブログ記事は「小中学生でも留年させるべきか? 橋本市長の要請について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。