睡眠計で快眠 最もベストな睡眠時間は?

| コメント(0)

睡眠計というのがあるということを最近知りました。
春になり新生活がはじまって、緊張やストレスから睡眠不足の人もいるのではないでしょうか?
健康を維持するために質のよい睡眠は大切です。

そこで、最近注目されているのが「睡眠計」。
睡眠計とは、寝がえりや胸の動きなどで睡眠時間を測定する器具です。

オムロンから5月10日に発売予定のものは19800円くらいの価格だそうです。(オープン価格)
センサーで感知するようになっているそうなのですが、寝付きの時間や、
夜中の目覚め時間など、睡眠リズムがわかるのだとか。

パソコンにつないでオムロンの無料のウェブサービスを利用すれば、
睡眠をグラフ化して、眠りを分析・判定してくれるそうです。

気になるけど、ちょっとお値段がね~という人には5千円台で
目覚まし機能付きのよりコンパクトなサイズのものも発売されるそうですよ。

最近睡眠不足、すっきり起きられない、という方は睡眠計を活用してみるのもありかもですね。

以前、テレビだったかな?長生きできる睡眠時間は7時間という
調査結果があるというのを見たことがあります。
なかなか現代人は7時間確保するのも難しいかもしれませんが・・・。

睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠を90分サイクルでくりかえしており、
眠りの浅いレム睡眠の時に起きるとすっきり目覚めることができます。

また、睡眠は太りやすさにも関係しているというデータがあります。
睡眠時間が6時間未満だと満腹サインを送るレプチンが18%少なく、
脳に空腹のサインを出すグレリンというホルモンが28%も多い
のだとか。

ダイエットに最適な睡眠時間は7~8時間だそうです。

ということは、最もベストな睡眠時間は「7時間半」ということになりそうです。

さらに、美容と健康に重要な成長ホルモンが分泌されるのが、
午後10時から午前2時なので、その時間に睡眠をとれるようにすれば、
理想的な睡眠になりますね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年4月20日 15:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2週間で一生が変わる魔法の言葉 感想」です。

次のブログ記事は「ダイエットに効果的な痩せやすい睡眠時間」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。