バストは一度下垂すると戻らない!どうすればいいの?

| コメント(0)

バストは一度下垂するともとにはもどらないらしいです。

ボディ+(ボディプラス)で特集記事があったので読みましたが、
最初のページを見た瞬間に立ち直れなくなりました・・・。

バストについて悩み始める年齢は調査によると
30代からが50%以上みたいですね。

年齢的な衰えもあるし、出産・授乳による衰えが原因だと思います。

なんか子どもに吸い取られてしまう感じ。

モデルさんなんかは早くに断乳しちゃうって聞いたことありますが、
確かに体のラインを維持したかったら、授乳はNGでしょうね。

バストにはクーパー靭帯という靭帯があり、乳腺を皮膚・筋肉に
つなぎとめているんですが、これがのびちゃうともう戻らないらしいのです。

靭帯切断の原因は運動による振動や揺れ。
振動や揺れを防ぐために、体にあった下着をつけることが大事です。

若いうちはそんなことは気にしないでしょうけど、
早めにバストケアをやっておかないと、運動などで、
知らず知らずにクーパー靭帯が切れたり伸びたりしちゃうってことですよね。

じゃあ、すでに伸びちゃってる人はどうすればいいのでしょう?。

伸びたものは戻らないので、大胸筋を鍛えて、バストの引き上げ・
ボリュームアップをするしかないのです。

加えて下着もサイズにあったものを
着用してさらなる下垂を防ぐことが大事。

そういえば、釈由美子さんもバスト下垂防止のために
腕立て伏せしてるっていってましたね。

簡単なエクササイズがのっていたのでやってみましたよ。

厚いめの本を息を吸いながら両手で挟んで胸の前で10秒キープ。
本を挟んだまま息を吐きつつ頭上に持って行って10秒キープ。

胸の前でプッシュするのは知ってましたが、
上に持っていくのはやったことなかったです。

肩甲骨周辺に効いてる感じがします。
肩こりにもよさそう♪。

肩甲骨の周辺の血流がよくなると、バストに栄養がいくので
ハリがアップするそうです。

肩甲骨周辺をほぐすには、左右の手を背中で
上からと下からのばし握手するエクササイズものってました。

私、これ片方しか握手できません。

右手を上から左手を下からだと握手できるんですけど、
逆は全く届かない・・・。

無理やりやると右腕の付け根が痛い・・・。
体が歪んでるのかな?。

ボディプラスの解説ではやり続ければ柔らかい肩甲骨になるって
書いていました。

ずいぶん昔からできなかったけど、
続ければ本当にできるようになるのかしら?。

なにごとも継続が大事ってことですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年3月29日 22:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子どもの片付けグセを習慣づける第2ステップ」です。

次のブログ記事は「旦那のイクメン(育メン)化計画」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。