子どもの片付けグセを習慣づける方法 なるほど~と思いました

| コメント(2)
プレジデントファミリーで子ども片付けグセを
習慣づける方法というのがのっていました。

うちは上の子が小学生ですが、家に帰るとランドセルはソファの上に投げ出したまま、
上着は床の上に。

ゲームをすれば、終わった後、ソフトやコントローラーのリモコンが散乱したまま。

いつもギャーギャー怒っていて、疲れちゃいます。

なぜ片付けられないのか・・・。
怒ることでこちらはグッタリ、息子はグズグズです。

なので、この記事はすぐ目にとまりました。
読んで納得、なるほど~と思いましたね。

片付けは整理・整頓(リセット)→クセづけ・維持(習慣化)というのが
一般的な流れですが、子どもは整理整頓から入るのは難しいのだそうです。

だから小さなことから片付けるクセをつけていったほうがいいのだとか。

例えば、ご飯を食べたら茶碗を片付けるとか、
学校から帰ったらランドセルを所定の位置に置くとか。

やり方は
紙に子どもの現在のちらかしグセを書かせ、
その対照の行動をとなりに書きます。
対照の行動とはやるべきことです。

そしてやるべきことができたかどうか、
表にして〇と×をつけていき、×が何日続いたら罰ゲームとか、
達成できたらご褒美といった設定をします。

子どもだけでなく、親も参加してみんなでやること、
最初は日数を短めに設定してハードルを高くしすぎないことが
大事なのだそうです。

確かに、実際に家で片付けをさせても、
自分でやると適当にその辺の棚に置いたり、
引き出しにぐちゃぐちゃに入れるだけだったりしてなかなかできないし、
一緒に片付けしてキレイになっても、すぐに散らかってしまいます。

できることから少しずつやっていけば、
知らず知らずのうちに片付ける習慣が身についていきそうですね。

うちの旦那もちらかして片付けないので、一緒にやれば、
家の中がすっきりしそう♪

問題はご褒美を何にするかですよね。

うちの子はすぐゲームのソフトをほしがるのですが、
そんなことしてたらいくらお金があっても足りない・・・。
かといって、お菓子とかじゃ納得しないし・・・。

できればものじゃないものに設定したい・・・。
子ども自身にきいて、物じゃなくお互いに納得できるものにするのがいいですよね。

ちなみに、プレジデントファミリーの例では野球を見につれていってもらうとか
おばあちゃんの家に一人で泊まりに行く、とかでした。

とりあえず、うちは子どもにはランドセルを所定の位置に置く、
旦那には読んだ新聞の片付けをやってほしいかな。

それができるようになったらステップアップしたいですね。

なかなか参考になりました。






コメント(2)

すごいじゃないですかー!私は小学5年生なんですが、部屋の片付け方がよくわかりました。

それと私は、部屋の片付けがすごく大好きで、こんどもようがえをしたいのですが、どうすればいいでしょうか?教えてください!!

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年3月29日 07:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「体幹立ちの効果 やってみて変化が実感できるように」です。

次のブログ記事は「子どもの片付けグセを習慣づける第2ステップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。