放射能は大丈夫? 花粉に放射性物質が付着してる?

| コメント(0)
震災による原発事故から1年が過ぎました。

でもいまだに放射能汚染に対する心配はなくなりません。

特に、放射能の影響を受けやすい子どもを持つお母さんの
不安は相当なものですよね・・・。

プレジデントファミリーに「放射能の常識・非常識」という
特集記事があったので、シェアしたいと思います。

春になって、花粉も飛び始めたました。

うちでは主人がくしゃみと目のかゆみ、鼻水に悩まされています。
最近は長男も目がかゆいというので、花粉症なのかどうなんだか・・・。

で、花粉に放射能が付着して流れてこないのか?
という疑問がでてきます。

農林水産省によると福島県浪江町で採取した花粉には
1kgあたり25万3000Bqの放射能が検出されているそうです。

でも、花粉はすごく小さいので、1粒が10億分の12g。
4か月の間毎日吸っても0.55μSvなので、
問題はないのだそうです。

とはいえ、やはり親としては微量であっても、
子どもに吸わせたくないですよね・・・。

気になる場合はマスクなどをすると良いそうです。

また、現在は空気中に放射性物質がほとんど漂っていませんが、
風邪が強い日は地面のセシウムが舞い上がるそうなので、
心配な人はマスクを。

春になってお出かけするには最高の季節になりましたが、
山や海、川などにキャンプに行くのも、放射能が気になります。

親としては十分な情報を得てから出かけたいですね。

海などはそこを管理している地方自治体などに
問い合わせるとよいみたいです。

川は川底の土に放射性物質がのこっている可能性もあるのだとか。

不安ならやはりそういうところで遊ばせないほうがいいのかも?

いろいろ考えると、外に連れて行けなくなっちゃいますね・・・。

個人的には原発はやはり将来的に依存すべきではないと
思っています。

もちろん、エネルギー供給の問題を考えれば、
そう簡単になくすわけにはいかないのかもしれませんが、
今回の事故からしても、人の手で制御できないのならば、
やはり依存してはいけないのではないかと。

太陽光や風力などのクリーンエネルギーに
早く移行してほしいなって思ってます。




コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年3月27日 13:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無痛分娩って痛いの?痛くないの?」です。

次のブログ記事は「体幹立ちで姿勢矯正 二重あごにも効果?やってみました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。