無痛分娩って痛いの?痛くないの?

| コメント(0)
知り合いが無痛分娩を検討しているので、
無痛分娩についてちょっと書いてみたいと思います。

私が入院中に無痛分娩をした人人からきいた話や、
知人の無痛分娩の話などを書きますね。

無痛分娩を検討中の方の参考になればよいですが。

私も二人目は無痛分娩で出産するつもりでいたのですが、
逆子だったので結局帝王切開でした。

当初は無痛分娩だったので、医師から色々話も聞いたのですが、
麻酔の効きがいい人と悪い人がいるので、
個人差はあるものの、普通に生むよりは痛くないと思うって言われました。

同じ時に入院していた人で二人ほど無痛分娩の人がいたのですが、
片方の人は痛かった、片方の人は楽だった、と言ってました。

二人はほぼ同じ時刻に出産だったのですが、
研修で立ち会った学生さんも「こんなに個人差があるんだ」
って思ったそうですよ。

一人は静かに出産、一人は・・・。

ただし、バルーンを入れて、子宮口を広げるのは
二人ともきつかったと共通していました。

陣痛、出産が痛かったという人は初産の人で、
なぜか麻酔が左右の半分側しかきかなかったそうです。

痛くなかったという人は経産婦さんで、
「全然痛くなかったよ!」って言ってましたね。

彼女の話によると「初産の人は麻酔をあまり使うとお産がすすまなくなるから、
経産婦に比べるとあまり使わないんだって」
ということでした。

私は一人目の出産の時子宮内反(子宮が対外にでる)で大変だったので、
帝王切開でも楽だなって思ったんですが、
彼女の話を聞いたら無痛分娩のほうがやっぱりよかったかな?って思っちゃいました。

ちなみに、私の別の知人は陣痛は普通に痛くて
産む瞬間だけ痛くなかったって言ってました。

とにかく個人差があるんだろうなっていうのが話を聞いた感想ですが、
初産の人は普通分娩の痛みを知らないので、
麻酔の効きが悪い場合、無痛分娩のメリットが全く感じられないかも?

経産婦さんはもし効きが悪くても、しないよりはマシだと思うので、
無痛分娩するメリットがあるような気がします。

もちろん、これはあくまでも私の感想ですので、
もし無痛分娩を検討される方は医師から話をしっかり聞いて
判断してくださいね。


コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年3月27日 00:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プーペコ 買って使ってみた感想・口コミ」です。

次のブログ記事は「放射能は大丈夫? 花粉に放射性物質が付着してる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。