ヒブと小児用肺炎球菌の同時接種は安全なのか?

| コメント(0)

ヒブワクチンと小児肺炎球菌の予防接種の同時接種は安全なのか?。

同時接種をすべきかどうか?と迷っている人は多いと思います。

我が家も二男が来月くらいから受けなければなりません。

で、受けるかどうか?って迷ってたんですが、町の保健士さんに相談しても
特にすすめられるわけでもなく、お母さんが判断してくださいって感じでした。

でも、姉の友達が以前自費で予防接種を受けたらしく、その理由が、
その人の友達の子どもが細菌性髄膜炎にかかったからっだった
って聞いて、やっぱり受けておくべきかなって思いました。

次に迷ったのが同時接種すべきかどうか?
これはいまだに少し悩んでいるのですが・・・。

私の友人はDPTとヒブと小児用肺炎球菌を同時接種したそうです。
「小児科の先生に聞いたら、同時接種する人が多いって言われたから」
と言っていました。

しかし、うちの姉は姉自身不安もあったし、
かかりつけの先生が同時接種はしない方針だったので、
それぞれ別に接種したそうです。

確かに、同時接種後に乳幼児の死亡が7件続けば、心配ですよね。

厚生労働省は死亡の原因とワクチンの接種の関係は認められないって
言ってますけど・・・。

たまごクラブを読んでたら、同時接種について書かれていました。

同時接種で副反応が起こる頻度が上がるわけではなく、
安全性も問題ないとのことでした。

日本小児科学会は同時接種に対し「必要な医療行為」と発表しているとのこと。

確かに、同時接種すれば通院の回数が減るので、母親の負担は減りますよね。
赤ちゃんを連れてでかけるのは大変だし、スケジュールを組むのも難しいですし。

早い時期に接種が終われば、赤ちゃんの免疫も早くつくというメリットも。

ちなみに、たまごクラブの同時接種スケジュールの例では
DPTとロタウイルスとB型肝炎とヒブと小児用肺炎球菌を一度に受けるというのも
のっていました。

でも、ここまで一気に受けるのはなんだか怖い気が・・・。
赤ちゃん大丈夫なのかしら?(汗)。

うちも早く決めて予約しないと時期が遅くなってしまうな・・・。
でも、もう少し情報を集めてから決めようかと思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年3月25日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「体の筋肉を鍛えて顔もリフトアップ!」です。

次のブログ記事は「プーペコ 買って使ってみた感想・口コミ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。