正しい姿勢がアンチエイジングにつながる理由

| コメント(0)

私は子どもができる前は社交ダンスをしていたので、
けっこう姿勢がよかったのですが、産後は子どもを抱っこしたり、
授乳したりしているため知らず知らず姿勢が悪くなってしまいました。

下を向くことが多くて、肩も内側に入ってしまって、
肩こり&頭痛に悩まされています。

なんとなくおばさん化が進んでいる気がする今日このごろ。

Body+の2月号に姿勢とアンチエイジングの関係が書かれていたので
シェアしたいと思います。

姿勢が正しい人は胸郭が広がり、呼吸が深くできるため、
酸素が体にめぐりやすく、代謝がよいのだそうです。

代謝がよくなると活性酸素の排出が促進されたり、
冷え性の改善、美肌効果なども期待できます。

さらに、正しい姿勢をキープするためには筋肉も使うので
筋肉の衰えを防ぐことができ、筋肉があれば体のめぐりがよくなり、
太りにくくたるまない体に。

プラスのスパイラルですね。

ちなみに、
顔が前に出てると二重あごの原因になるそうですよ。(怖い・・・)

姿勢がいいっていいことづくめなんですね。

でも正しい姿勢ってどんな姿勢なんでしょう?

横から見た時に耳から仙骨までまっすぐで膝にのり、
足首にまっすぐ体重がかかった状態、だそうです。

そうは言われてもちょっとピンとこないかもですね。

私はダンスの先生から姿勢のことをよく言われてたんですが、
以下のようにするといい姿勢ができるんじゃないかと思います。

息を吸い込んでおなかを引っ込め、肩を落とす。
肩は後ろに回しおろしたところの位置。
後頭部を上にひっぱられてる感じで首をのばし、顎をひく。
ヒップはしめる。

後頭部を後ろにひく時はよく、
「ハンガーにつられてる洋服の感じで」
って言われましたね。

この状態をつねにキープするにはけっこう筋肉が必要です。
でないと、すぐ崩れてしまいます。

逆を言えば、キープする努力をすることで、筋肉が強化されます。

いつまでもキレイでいるために、
日常生活で正しい姿勢を心がけてみることをおすすめします。

私も気をつけないと、どんどん老けこんでしまいそうだわ~。

コメントする

このブログ記事について

このページは、2012年3月23日 13:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「セラビオ配合美容液のI'm PINCH(アイムピンチ)を4か月使った感想」です。

次のブログ記事は「学習机の選び方 蔭山モデル(k-model)の机ってどうかな?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。